2017年 03月 21日

ホルスト・ヤンセンのノートカード「Verlag St.Gertrude」

a0155815_1322740.jpg

昨年暮れから5年(!)あまり治療を我慢していた虫歯が悪化し、満足に食事がとれなくなってしまった。残った歯を使ってなんとか食べようとするも、うまく咀嚼できず、味気のない食事を続けていたのだが、激しい痛みを伴うようになり、水分で流し込むしかなくなってしまった。そうなってようやく歯科医院の戸を開いたのだが、予約制ということで、それからまた一週間、毎日激痛と闘う羽目に。一噛み毎に一時間ぐらい痛みに堪えなくてはならず、痛みと空腹で何もする気がなくなってしまった。一週間後にようやく応急処置として虫歯に詰め物をしてもらい、僅かづつではあるが、食事がとれるようになった。先ずは、めでたしめでたしと。

ホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)専門の出版社として1984年にヤンセンの住むハンブルクに設立されたザンクト・ゲルトルーデ出版(Verlag St.Gertrude GmbH, Hamburg)は、これまでに200冊近いヤンセンの作品集や多数のオフセット印刷よるポスターを刊行してきた。2006年には画廊も併設し、ヤンセン以外にも、ディーター・ロート(Dieter Roth, 1930-1998) ユルゲン・ブロートヴォルフ(Jürgen Brodwolf,1932-) アーノルフ・ライナー(Arnulf Rainer, 1929-)といったユニークな表現方法で知られるドイツ圏の現代作家の作品を紹介している。 このノート・カードは随分前に出版社からいただいたのだが、記念にと、ずっと使わずにとってあった。出版社が入るゴールドバッハ通り(Goldbachstraße)沿いの建物とその前を行く人々の様子を即興的に描いた素描(1987年3月1日の日付入り)が使われており、同社発行の販売カタログやホームページにも使われていることから、自社の広告用に制作を依頼したものかと思われる。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Note card
●サイズ:148x210mm
●技法:Offset
●発行:Verlag St.Gertrude GmbH, Hamburg
●制作年:1987
a0155815_1324333.jpg

[PR]

# by galleria-iska | 2017-03-21 15:23 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)
2017年 02月 27日

ホルスト・ヤンセン ポスター展図録「Horst Janssen Plakate」(1983)

  
a0155815_20304048.jpg
                                       
以前このブログで触れたことがあるが、日本におけるホルスト・ヤンセンのポスターに関する展覧会は、1983年に宮崎県都城市の市立美術館で開かれた「Horst Janssen Plakate - ホルスト・ヤンセン ポスター展」(主催:都城市教育委員会、大阪ドイツ文化センター、宮崎大学映像を考える会)が、今のところ唯一のものであるようだ。展示内容について美術館に問い合わせてみたところ、図録は作られておらず、具体的な資料は残っていないとのことであった。ところが、最近になって、共同主催者の大阪ドイツ文化センター(Goethe-Institut Osaka, Osaka)が独自に図録を発行していたことを知った。その図録がこれである。展覧会に出品されたポスターは主に1978年代以降のオフセット印刷によるものであるが、表紙に使われたのは、ヤンセンが1960年代後半に集中して制作した亜鉛版エッチングによるポスターの制作現場であるハンブルクの印刷所、ハンス・クリスティアンズ(Hans Christians, Hamburg)で撮られた写真である。印刷所の職人(?)が掲げ持っているのは、刷り上ったばかりの、1966年にドイツ南西部に位置するバーデン=ヴュルテンベルク州の州都であるシュトゥットガルト(=シュツットガルト)のヴェルテンベルグ芸術協会(Württembergischer Kunstverein Stuttgart )で開催されたヤンセンの回顧展の告知用ポスター「Württembergischer Kunstverein Stuttgart 」(註1)。この写真を使ったポスターだったか何かの作品集の表紙を見た覚えがあるのだが、肝心のメモの在り処が思い出せず、出典は特定できない。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Catalogue
●サイズ:250x265mm
●技法:Offset
●発行:Goethe-Institut Osaka, Osaka
●制作年:1983            

一方、ドイツでは、それより一年早く、1982年、表現主義から現代美術までの版画作品を数多く収蔵するシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の港湾都市リューベックのクンストハウス・リューベック(Kunsthaus Lübeck)で、1978年以降のオフセット印刷によるポスター66点からなる展覧会「66 Sechsundsechzig Janssen plakate/66 Horst Janssen Posters」が開催されている。その際、美術館の中にあるルシファー出版(Lucifer Verlag im Kunsthaus Lübeck)から同展の図録「66 Sechsundsechzig Janssen plakate」が刊行され、翌1983年には、増補改訂版として、70点のポスターを収録した総目録「Werkverzeichnis der Plakate 1978-1983」が同社から刊行されている。宮崎大学の教官のコレクションをもとに行なわれたポスター展は、その入手経路は定かではないが、大阪ドイツ文化センター発行の図録に掲載された作品の制作年(1978年~1981年)を見ても分かるように、この展覧会や総目録に沿ったものであったと言って間違いないだろう。そのルシファー出版の図録を受け継ぐ形で1985年、ヤンセン専門の出版社として1984年に設立されたハンブルクのザンクト・ゲルトルーデ出版(Verlag St.Gertrude GmbH, Hamburg)が、同社と共同出版したのが、1973年から1985年までのポスターを収録した販売カタログを兼ねたポスターカタログ「Katalog lieferbarer Janssen-Plakate und -Schmuckblätter」である。その後新しく制作されたポスターを加えた増補版が、1988年、1996年、そして2000年に刊行されている(註2)。

1978年以前のポスターについては、ヤンセンが1957年から1970年代初頭にかけて制作した、リトグラフ、亜鉛版エッチング、シルクスクリーンによる初期のポスターを含むオリジナル・ポスターの回顧展「Horst Janssen Plakate 1957-1978」が1978年、ヤンセンが幼少期を過ごしたオルデンブルクの市立美術館(Stadmuseum Oldenburg)で開催されており、その際、1957年から1978年までのポスターの総目録「Horst Janssen Plakate 1957-1978 Werkverzeichnis」を付した図録が刊行されている。従って、ルシファー出版が刊行した総目録はこの図録の続編ということになる。この展覧会においてようやくヤンセンの初期のポスターの全貌が明らかになったのであるが、時すでに遅しではないが、今や重要なコレクターズ・アイテムとなった1960年代のポップ・アートのポスターと同様、安価で販売されたヤンセンの初期のポスターは既に絶版になっており、容易に入手出来なくなっていた。私自身も1980年代の中頃、オルデンブルク市立美術館での回顧展の図録をもとに、ヤンセンの契約画廊として1957年から数多くの展覧会の告知用ポスターを発行したハンブルクのブロックシュテット画廊(Gelerie Brockstedt, Hamburg)をはじめ、何軒かの画廊に在庫を確認したのだが、どこからも良い返答は得られなかった。

ヤンセンの初期のポスターに関しては、その作風が北斎によって導かれた「自然との対話」から生み出されたものとはかけ離れていることもあるのかもしれないが、回顧展以降も評価は大きく変わることはなかったようである。その取り扱いは、画廊ではなく、一部のポスター専門画廊やヤンセンの画集などを扱っている書店に限られていたのだが、2000年にオルデンブルグにホルスト・ヤンセン美術館(Horst Janssen Museum, Oldenburg)が開館し、ポスターがヤンセン固有の表現領域として認知されるようになると、それまで眠っていた個人コレクションが、ネットオークションやパブリック・オークションにも登場するようになった。その結果、ヤンセンの版画作品を扱う画廊もその存在を無視出来なくなり、今では版画と同列に扱うところが増えてきている。今日のインターネットの普及による情報の共有は反面、ある種の共同幻想に支えられていた複製芸術である版画全般の評価の崩壊を招いたという負の側面もあるのだが、逆に、それが既成の芸術的価値の中での評価とは異なる、複製化時代を経てデジタル時代における創造性の伝播という意味を、さらに押し広げ、もうひとつの価値観というのを形成していく可能性も生まれている。周知のように、ヤンセンのポスター制作は、通常のポスターの役割を借りてはいるものの、単なる情報伝達のためのメディアに止まることなく、いやむしろ、それはヤンセンにおいて、ポスターというメディアそのものが創造的行為の場として借用されており、ポスターそれ自体の役割を無意味化する企みが込められていたと見ることが出来るかもしれないのである。19世紀以前の作家に負うところが多いヤンセンであるが、そのような姿勢はまさに現代美術の文脈に沿ったものであると言えようか。

それに対し、我が国の状況はと言うと、オルデンブルク市立美術館での展覧会から既に40年近く経つが、先のポスター展以降、ヤンセンのオリジナル作品としてのポスターに関する包括的な紹介は未だに行なわれていない。我が国にも、ヤンセンの1978年以降のポスターを紹介したクンストハウス・リューベックと同じように、版画作品の収集や調査研究を専門に行なっている某版画美術館があるが、その関心はもっぱら1970年以降の、契約画廊のブロックシュテット主導(?)による画廊向けに制作された、所謂シリアスな作品に向かっており、ヤンセンのポスター、ことに現代美術の大きな変革期であった1950年代後半から1970年代初頭にかけての創作活動(註3)に対する正当な評価はなされていない、というのが現状である。
   

a0155815_20450960.jpg
a0155815_20453374.jpg
a0155815_20460634.jpg
ヤンセンのポスターに関するテキスト(筆者不明)
a0155815_20462836.jpg
裏表紙に付けられた自叙年譜
a0155815_20464347.jpg



註:

1:
a0155815_22380566.jpg
●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Poster(Plakat)
●題名:Württembergischer Kunstverein Stuttgart
●サイズ:847x594mm
●技法:Strichätzung(Zinkätzung)
●限定:1000(500/white paper, 500/brown paper)
●刷り:Hans Christians, Hamburg
●制作年:1966
●目録番号:Meyer-Schomann 19

2.1999年に、上記の図録を集約する形で、ヤンセンの1957年から1994年までの全ポスター213点を収録した総目録「Horst Janssen Das Plakat」が、ハンブルクのザンクト・ゲルトルーデ出版(Verlag St. Gertrude, GmbH, Hamburg)から刊行された。
a0155815_13062616.jpg
Horst Janssen Das Plakat(Eine Auswahl aus den Jahren 1957 bis 1994. Entwürfe - Vorzeichnungen - Variationen) by Helga und Erich Meyer-Schomann, 359x268x43mm, 316 pages, 463 mostly color plates. A selection of Horst Janssen's posters on various subjects but all tied to an artistic or creative activity between 1957 to 1994 - 213 mostly full-page color reproductions with brief descriptions.

2.ヤンセンが1960年代後半に始めた亜鉛版エッチングやシルクスクリーンによるポスターに見られる平面性を強く意識したスタイルは、現代美術におけるイリュージョンの排除と平面性の追及という命題に対するヤンセンなりの応答と見て取ることができるかもしれない。


                                                                   


[PR]

# by galleria-iska | 2017-02-27 22:16 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)
2017年 02月 03日

ジョアン・ミロのポスター「Poster for the exhibition 'Joan Miró' Tokyo-Kyoto」(1966)

a0155815_17463625.jpg

ビートルズが来日した1966年、現在はフィルム・センターとなっている東京・京橋の国立近代美術館とその京都分館で、20世紀スペインの画家、彫刻家、版画家のジョアン・ミロ(Joan Miró, 1893-1983)の大回顧展「ミロ展:ユーモアと夢とよろこびと」(註1)が開催された。これはその展覧会のポスターとして制作されたものであるが、実際に告知用ポスターとして採用されたものは、ミロが展覧会のために制作したグアッシュによる作品を用いたオフセット印刷のポスターである。ミロは当初、日本国内でリトグラフ・ポスターの制作が行えると思っていたようなのだが、その当時日本にはムルロー工房にあるような機械刷りのための設備がなかったため、グアッシュによる原画を制作したのである。今から10年ぐらい前に、実際に掲示されたものを手に入れたことがあるが、コレクターに譲ってしまったため、今は手元にない。また記録用にと保存しておいた画像も、PCのOSが壊れた際に消失してしまった。

日本を代表するグラフィック・デザイナーのひとり、原弘(Hiromu Hara, 1903-1986)が文字入れを行ったこのポスター、現在、幻のポスターとしてコレクターズ・アイテムとなっており、数年前に、ニューヨーク市のポスター・オークション会社から出品されたことがあったが、なかなかの評価であった。現在、東京国立近代美術館の他に、ポスター収集に力を入れている武蔵野美術大学の美術館・図書館が所蔵しているので、興味のある方はそちらに問い合わせてみて欲しい。

今回取り上げる方のポスターは、ミロの好意で制作されたもので、ミロの契約画廊であったパリのマーグ画廊Galerie Maeght, Paris)のリトグラフ工房(Arte Adrien Maeght, Paris)で印刷されている。文字の部分は日本国内でシルクスクリーン印刷で入れられているためであろうか、印刷所名《(Imprimerie)Arte Paris》の記載がない。出版は毎日新聞社(Mainichi Newspapers, Tokyo)である。ポスターの他に、35部限定で、ミロの署名入りの版画ヴァージョンも作られている。

私事であるが、撮影に使っている200万画素のコンパクトカメラは、今や骨董品とも言えるもので、解像度が低く、特に赤い背景の上に刷られた文字は地に溶け込んでしまい、判読できなくなってしまう。連れ合いが持っている1200万画素のコンパクトカメラを借りることも出来るのだ、自力(?)で購入するつもりでいるので、もう何年も(!)、やせ我慢を続けている次第。

●作家:Joan Miró(1893-1983)
●種類:Poster
●サイズ:395x575mm
●技法:Lithograph(Image)+Silkscreen(Text)
●発行:The Mainichi Newspapers, Tokyo
●印刷:Arte Adrien Maeght, Paris
●制作年:1966(?)
●目録番号:Mourlot 504a,(poster catalogue raisonné): 「Malmö Konsthall, Joan Miró - posters - affischer, Malmö 1993」31
a0155815_17471282.jpg
a0155815_17473343.jpg

a0155815_1748726.jpg
図版:ポスターの原画を制作中のミロを捉えた写真をダストカバーに用いたフランスの美術専門誌『二十世紀(XXe siècle)』のミロ特集号「Hommage à Joan Miró」(1972)
a0155815_17481866.jpg
図版:(左)ポスターと同時に制作された限定35部の版画ヴァージョン(原画に呼応している)、(右)ポスター


註:

1.「ミロ展:ユーモアと夢とよろこびと」(会期・会場・主催: 1966年8月26日-10月9日 国立近代美術館 10月20日-11月30日 国立近代美術館京都分館、国立近代美術館、毎日新聞社)

図録「ミロ展」:ミロ展カタログ編集委員会, 国立近代美術館, 毎日新聞社編/毎日新聞社/1966年/256x240mm
[PR]

# by galleria-iska | 2017-02-03 19:06 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2017年 01月 31日

ウォーホルの展覧会図録「The American Indian」(1978)

a0155815_20344293.jpg

最近、白人至上主義的な傾向を見せる某大統領の出現とその偏った政策に対する反論として、アメリカ合衆国は移民によって成立しているとよく言われるが、それは一千万人に近いとも言われるアメリカ・インディアンの虐殺、絶滅政策という血の歴史の上にたっていることは一顧だにされない。アメリカ・インディアンをアメリカ史からも抹殺しようと図るその政策は、インディアン居留地を廃止し、彼らを都市の中に紛れ込ませるという形に変えられ、1960年代いや70年代に入っても行なわれていた。随分前にアメリカの美術専門の古書店からウォーホルの展覧会の図録ということで内容もよく知らずに購入したのが、このなんの変哲もないというか、実に素っ気無いデザインの図録。タイトルページもなく、表紙に展覧会の図録である旨が記載されている。この図録(註1)は、1977年10月28日から翌年1月22日まで、スイス第二の都市ジュネーヴにあるジュネーヴ美術・歴史博物館(Musée d'art et d'histoire, Genève)で開催されたアンデイ・ウォーホル(Andy Warhol, 1928-1987)の17点の作品からなる展覧会「The American Indian」に際して発行されたもの。初版は1977年10月に1000部限定で発行されたが、早々と売り切れてしまったため、1978年に新たに1000部限定で再版された。今回取り上げるものは後者。

この展覧会に先行する展覧会「American Indian Series」が、アメリカの現代美術の作家を幅広く紹介しているロサンゼルスのエース画廊(Ace Gallery, Los Angeles)の主催で、1976年から1977年にかけて開催されている。その際、ウォーホルの絵画作品をもとにしたポスターが三種類(註2)作られている。「American Indian Series」は、ウォーホルがアメリカ建国200年にあたる1976年にエース画廊(Ace Gallery, Los Angeles)からの依頼で制作した一連の作品で、ウォーホルがニューヨークで撮影したアメリカ・インディアンのラコタ・スー族の活動家、思想家、俳優で、インディアン権利団体「アメリカインディアン運動」(AIM)のスポークスマンであったラッセル・ミーンズ (Russell Means、1939-2012)の肖像写真をもとに制作された12点のラージフォーマット(214x178cm)、24点のスモールフォーマット(127x107cm)の肖像画、それと少なくとも6点の鉛筆デッサン(104,1x71,1cm)からなる。エース画廊は、この肖像画制作に際し、活動資金として、ラッセル・ミーンズに5000ドル支払っている。

ジュネーヴ美術・歴史博物館での展覧会はその内の17点をエース画廊から借り受け開催されたものである。このシリーズはウォーホルの一連の肖像画制作の流れを汲むのかもしれないが、アメリカの恥部であるインディアンを主題として取り上げることは、多分に政治的な意味合いを持つことを、キング牧師に率いられた公民権運動の最中の1963年に起きたアラバマ州バーミンガムの人種暴動(Birmingham Race Riot)(註3)を取り上げたウォーホルはどのように捉えていたのだろうか。その初期に、死というスキャンダラスな側面を敢えて取り上げることで芸術の範疇を押し広げようしていたかのように見えるウォーホルは、純粋に政治的な意図を念頭に置いていたとは考え難く、アメリカ・インディアンの大量虐殺という死のイメージ、そのスキャンダラスな側面に興味を抱いたと言う方が的を得ているのかもしれない。

●作家:Andy Warhol(1928-1987)
●種類:Exhibition catalogue
●サイズ:298x210mm
●技法:Offset
●限定:2nd edition of 1000 copies
●発行:Association Musée d'Art Moderne, Genève
●印刷:Studer SA, Genève
●制作年:1978
a0155815_203513.jpg
a0155815_20352335.jpg
a0155815_20353627.jpg
a0155815_20355413.jpg
a0155815_20361283.jpg




註:

1.「The American Indian」 : une série de six dessins et onze peintures d'Andy Warhol : exposition, Musée d'art et d'histoire, Genève, 28 octobre 1977-22 janvier 1978 : catalogue /​ [établi par Rainer Michael Mason] ; éd. par l'Association Musée d'art moderne. 36 p.

2.展覧会の開催地としてパリ(1976年:黒背景)、カナダ(1977年:赤背景)、ロサンゼルス(1977年:青背景)が記載されている。その内の2点がこちら:
a0155815_20364296.jpg
図版:アメリカ現代美術のメッカとも言えるロサンゼルスのエース画廊が1976年にカナダ(?)で開催したウォーホルのアメリカン・インディアンをテーマとする作品展「American Indian Series」の告知用ポスター、オフセット、1245x851mm《The American Indian Series(Red version), Ace Gallery, Los Angeles》
a0155815_20362991.jpg
図版:1977年の展覧会の告知用ポスター、オフセット、1245x851mm《The American Indian Series(Blue version), Ace Gallery, Los Angeles》

3.ウォーホルが1964年に制作したシルクスクリーンの版画作品「Birmingham Race Riot」は1963年5月17日に発行された雑誌「ライフ(Life)」に掲載された、アメリカの写真家チャールズ・ムーア(Charles Moore, 1931–2010)撮影の写真に基づく。その写真は1963年4月2日に起きたバーミンガム暴動を取材したもので、アラバマ州バーミンガムで人種差別(segregation)反対のデモや座り込みを開始したキング牧師らに対して、警察が警察犬をけしかける場面を撮影したもので、ウォーホルはその写真を左右反転して用いている。

a0155815_19251483.jpga0155815_1925294.jpg

左がウォーホルの作品。右はそれを左右反転して、元になったチャールズ・ムーアが撮影した写真のイメージに戻したもの。
[PR]

# by galleria-iska | 2017-01-31 21:02 | 図録類 | Comments(0)
2016年 12月 18日

エドヴァルド・ムンクのモノグラフ「Edvard Munch von Curt Galser」(1917)

a0155815_19213743.jpg

ターバンを巻いた少女を描いた「真珠の耳飾りの少女」(1665年頃)がいつの間にか17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer, 1632-1675)の代名詞になってしまったように、19世紀末の自己の主観的経験す基づく象徴主義的な作品により、ドイツ表現主義の影響を与えたノルウェーの画家エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch, 1863-1944)と言えば、昨今は面白キャラクター扱いにされてしまった感のある「叫び」(1893年制作)の作者として取り上げられることが多い。ムンクは版画家としても歴史に残る作品を数多く残しており、代表作には数千万円の値が付くものもある。そのひとつ、油彩と同時期にリトグラフで制作された「マドンナ」(1895年)は、精子の縁取りとマドンナを上目遣いで見る胎児が描き込まれるという、スキャンダラスな側面を持った作品である。ムンクは晩年になるまで、自作品がより多くの人に接することに関心を持っていたようで、版画の限定数に拘っておらず、多くの作品は少部数刷られただけであったが、3000万円という高額で取引されることもある「マドンナ」に関しては、3000枚という、ポスター並みか、それ以上の数が刷られたとされている。その大半はオスロのムンク美術館が所蔵しており、美術館の購入予算を捻出するために、年に数枚(?)づつ、オークションを通じて売りに出されているとか。そんな版画を購入するなどという大それた野望は抱いてはいないが、何かしら手元に置いて眺めてみたいという淡い希望を持っていたところ、アメリカの古書店から、ムンクのドライポイントによる銅版画「男の頭部(Head of Man/Sch.243 Männerkopf)」が扉絵として挿入されたクルト・グレーザー(Curt Glaser, 1879-1943)のモノグラフ「Edvald Munch(von Curt Galser)」の初版本の案内があった。この作品はもとは1906年に制作されたものだったが、1917年の初版および1918年の再版に新たにオリジナルのドライポイントとして刷られた。グレーザーが1918年にムンクに出した手紙によると、この本の発行部数は2000部となっており、作品の質はさておき、「マドンナ」より少ない。とは言え、その当時ムンクの版画作品に関する資料(注1)は、ハンブルクの裁判官で美術愛好家のグスタフ・シーフラー(Gustav Schiefler, 1857-1935)が編纂した二巻からなる版画目録のリプリント(1974年)しか所有しておらず、それには図版が掲載されていなかったため、図柄も分からぬまま注文を出すことになった。肖像画の名手でもあったムンクらしい(?)、どこか病的なものを感じさせるものを秘かに期待していたのだが、その価格からして望むべくもないことであった。ただ神経症的な気質が見て取れるところもあったので、納得はできた。

この本の著者であるクルト・グレーザーは、ドイツ ライプチヒ生まれのユダヤ系ドイツ人で、医者の肩書きも持つ美術史家、美術評論家として20世紀美術に関する研究書を数多く著している。第二次世界大戦の勃発とともにニューヨーク市に移住している。出版元は同じくユダヤ系ドイツ人で、ベルリンで出版(1898~1936年迄)と画廊経営(1898~1901年迄)を行なっていたブルーノ・カッシーラー(Bruno Cassirer, 1872-1941)である。ムンクとカッシーラーとの関係を、1983年に愛知県立美術館で開催された『ムンク展』の図録に付けられた年譜(市川正憲・松本透編)等から拾い出してみると、ムンクとカッシーラーが密接な関係にあったことが見えてくる:

ムンクは1892年からたびたびベルリンに滞在しており、その年の11月に早くもベルリン美術家協会から招待を受けて油彩画の最初の展覧会を開催している。

1903年1月:ブルーノ・カッシーラーと従兄弟のパウル・カッシーラーがハンブルクでムンクの版画展を開く。
1904年:ベルリンのブルーノ・カッシーラーとドイツでの版画の独占販売契約を結ぶ。
1905年1月:パウルが経営するカッシーラー画廊で『肖像画展』を開く。
1907年:カッシーラー画廊で二度(1月~2月と9月~10月)個展を開催。
1912年:この本の著者であるクルト・グラーゼルと接触を持つ。12月にカッシーラー画廊で個展を開催。
1917年:この本の初版がブルーノ・カッシーラーから出版される。翌1918年に再版される。
1920年3月:カッシーラー画廊で個展を開催。
1921年4月:カッシーラー画廊で個展を開催。
1933年4月:ヒットラーが国家首相に任命された三ヵ月後、ドイツ学生協会が「ユダヤ人の知識の偏重」を攻撃する。
1935年5月:(カッシーラーと直接関係したのか分からないが)「ユダヤ人の知識の偏重」を攻撃は、「非ドイツ的魂への抵抗」の運動となり、ドイツ国内の本のうち、ナチズムの思想に合わないとされた「非ドイツ的」書物25000巻に対して焚書を行なう。
1936年:ブルーノ・カッシーラーを含むユダヤ系の印刷業者は組合から排除され、この年を最後に出版が出来なくなる。
1937年:ドイツ国内の公共的コレクションに所蔵されていたムンクの作品82点が“退廃芸術”の烙印を押され、ナチスに押収される。1939年1月、オスロでナチスが押収した油彩14点、版画57点のオークションが行なわれる。
1938年:ブルーノ・カッシーラーは新天地を求めてイギリスに渡る。

●作家:Edvald Munch(1863-1944)
●種類:Monograph
●著者:Curt Glaser(1879-1943)
●題名:Edvald Munch von Curt Galser(First Edition, 1917)
●サイズ:262x195mm
●出版者:Bruno Cassiere, Berlin
●制作年:1917
a0155815_19313113.jpg

a0155815_19221063.jpg
a0155815_19222311.jpg
a0155815_19223489.jpg
巻頭。本文は“ひげ文字”などと呼ばれる書体、フラクトゥールで印刷されているので、ドイツ語に慣れ親しんだ人でないとお手上げである。
a0155815_19224997.jpg
「叫び」のリトグラフ・ヴァージョン、1895年

注:

1.ムンク美術館の版画と素描の上級学芸員であるゲルト・ヴォール(Gerd Woll, 1939-)が編纂した版画のレゾネ『Edvard Munch The Complete graphic Works』(Harry N.Abrams, Inc. New York, 2001)によって、ムンクの版画作品の全貌が明らかになった。

a0155815_1923448.jpg
a0155815_192322100.jpg
a0155815_19233544.jpg

[PR]

# by galleria-iska | 2016-12-18 20:14 | その他 | Comments(0)