ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 31日

キース・へリングのステッカー「Pop Shop」(1985)

a0155815_21255329.jpg

キース・へリングが芸術の逆説的提示として始めたポップ・ショップ、そのオープンに際しデザインしたトレードマークは、1966年にロイ・リキテンスタインが「ニューズウィーク」誌の表紙絵として描いた、爆発とPop!の文字の組み合わせによる『POP!』を直接的なインスピレーションとしつつ、リチャード・ハミルトンが1956年に制作したポップアートの源泉とも言われるコラージュ『Just what is it that makes our today's homes so different,so appealing』に精神的な感応を示している、と書いてみたものの、実際はどうなのであろうか。《Pop Shop》の文字は五芒星と呼ばれる守護の意味や星を示す図形の中に書き込まれている。へリングとの接点はないが、自然が創り上げた秩序とか調和を示す五芒星とそれを内接する正五角形に大きな関心を持っていたのが版画家の長谷川潔である。このステッカーでは、トレードマークを頭部に乗せた人物が描かれており、その胸に付けられ記号を“エックス”と見るか、“十字”と見るかによって、この人物が意味するものが異なってくる。ひとつはそれがキリスト的なものの表象として,もうひとつは自らが“ポップスター”になることへの意志の顕れとするものだが、へリングは、それを曖昧にすることで、二つの意味を同時に表現しようとしていたのではないかと思われる。そしてへリングは、このロゴマークを、ポップショップのイメージキャラター、つまりアイコンとしてシンボライズすることによってイメージの浸透性をさらに高めようとしている。図像はチープなステッカーや商品を入れる紙袋、バッジ、ビニールバッグなどに大量に刷り込まれた、ポップアートの土壌となった大量生産・大量消費へとアートを還元し、その精神を循環させる一方、その心の奥底には、何かしら伝道的な気持ちが込められていたのではないかとも思える。

●作家:Keith Haring(1958-1991)
●種類:Sticker
●題名:Pop Shop
●サイズ:127x114mm
●技法:Silkscreen
●発行:Pop Shop, New York
●制作年:1985



a0155815_20383665.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-07-31 22:17 | キース・へリング関係 | Comments(0)


<< キース・へリングのステッカー「...      ホルスト・ヤンセンのポスター「... >>