ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 07日

キース・へリングの招待状「Party of Life」(1986)

a0155815_1654308.jpg


キース・へリングが、1985年に建築家、磯崎新による改装で古い映画館からディスコ・クラブに変身したパラディアム(Palladium)を会場に、親しい友人や関係者を集めて行なった誕生パーティ《Keith Haring's third annual "Party of Life"》への招待状。パーティは1984年から1986年まで計三回開催され、招待客にはキース・へリング オリジナルデザインの招待状が送付された。1986年の招待状は、ショートパンツと缶バッジ2個で、入場の際には入場券の代わりに缶バッジを提示することになっていた。このデザインは同じ年に発表されたスウォッチの文字盤にも使われている。

●作家:Keith haring(1958-1990)
●種類:Invitation
●技法:Silkscreen
●発行:Keith Haring
●制作年:1986
a0155815_16545195.jpg
パーティの案内

a0155815_18564341.jpg
缶バッチ(Can badge):[サイズ]直径32mm、側面に《Keith Haring TM》

1984年から86年までの招待状は以下の通り:

第一回の1984年は、タンクトップとハンカチ
第二回の1985年は、タンクトップと缶バッジ、それとジグソーパズル。
第三回の1986年は、ショートパンツと缶バッジ二個

招待状としてはユニークな形態を取っているこれらの招待状も、その意味では“エフェメラ”の一種と考えることができる。ただメッセージの伝達という一義的な目的の他に、それぞれの“もの”としての意味も兼ね備えていることから、近い将来、マルチィプルの中に含められるのではないかと思われる。
[PR]

by galleria-iska | 2010-08-07 17:57 | キース・へリング関係 | Comments(0)


<< キース・へリングのビニールバッ...      キース・へリングの塗り絵本「C... >>