ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 29日

ホルスト・ヤンセンの出版目録「Hans Christians Verlag」&「Hermann Laatzen」(1972)

a0155815_176314.jpg

ハンブルクの印刷・出版業者ハンス・クリスティアンズは、素描家や銅版画家としてのホルスト・ヤンセンは勿論のこと、もうひとつの顔ともいえる、出版狂としてのヤンセンを語る上で欠く事のできない役割を果たしている。これはそのハンス・クリスティアンズから刊行されたヤンセンの著作の目録で、ヤンセンが1960年代から70年代初頭にかけて用いた亜鉛版エッチングによるヤンセンの年記入りのカット絵(自画像)が一点添えられている。厚手の用紙に、32センチという長さは、出版社の広告入りの栞や差し込み広告としてはかなり大きなもので、フォリオ版サイズ以上の出版物でないと用を足さない。しかし、敢えてそうすることで、そこには、広告用の印刷物でありながら、ビラやチラシの類とは違う何かを見る者に感じさせようとする作り手の狙いがあるように思われる。

●作家:Horst janssen(1929-1995)
●種類:Annoucement
●サイズ:320x137mm
●技法:Strichatzung
●発行:Hans Christians Verlag, Hamburg
●制作年:1972
a0155815_1761186.jpg

1960年代のヤンセンの仕事の中で、ポスターや案内状といったグラフックな要素の強い部分は、素描や版画に比べると片手間の仕事のように扱われてしまいがちだが、そこには素描や版画表現とは異なる文法を持った図像表現が見られ、ヤンセン生来の気質や時代背景を反映したものとして、昨今注目が集まり始めている。こちらはハンブルクの書肆へルマン・ラーツェンの、ヤンセンが1966年から始めた肖像画シリーズの広告として作られた、内三つ折りタイプの印刷物。上述のハンス・クリスティアンズのものよりも一年早い。広告は六ページから成り、表紙に肖像画シリーズの最新作を載せ、三ページをそれまでに出版された作品紹介に充て、残りの二ページをヤンセンに関するその他の出版物の紹介に割いている。印刷は、こちらもハンブルクの印刷所兼出版社、ハンス・クリスティアンズ。

a0155815_12115019.jpg

a0155815_12155178.jpg

a0155815_1224793.jpg

a0155815_1212050.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-08-29 22:31 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)


<< キース・へリングのラジオ「Th...      ホルスト・ヤンセンの案内状「F... >>