ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 13日

ロバート・メイプルソープのポスター/メイラー「Robert Miller Gallery」(1983)

a0155815_20361166.jpg


1983年にロバート・ミラー画廊で行なわれたロバート・メイプルソープの個展で話題を呼んだのが、悪魔を象徴すると言われる「逆さ五芒星」をバックに、革のコートに身を包みマシンガンを手にする自らの姿を撮った写真を用いたポスター/メイラーで、オープニングへの招待状にもなっている。メイプルソープは写真家としては例外的に数多く自画像を撮っているが、それは彼が写真教育を通過した写真家ではなく、プラット・インスティチュートにおける絵画、彫刻といった美術教育を通して獲得した美術家としての素地によるところが大きいと思われる。写真家の、一旦自己の存在を棚上げし、レンズという冷徹な目によって観察される対象の精神の奥深くまで踏み込んでいくという、自己の不在による行為とは異なり、多くの画家がそうであるように、メイプルソープもまた、作品の主題として最も身近にあるのが自身の姿ということに何の疑いも抱いてはおらず、むしろ嘘偽りの無い存在としての自己の姿を通して、自らの魂の奥底を窺い知りたいという衝動に駆られたのではないだろうか。

翻って、昨今、生のままの自らを対象とはせず、コンストラクテッド・フォトとかステージド・フォトと呼ばれる、虚構空間を設定し、その中で他者を演ずる自己の姿を撮影する作家がいるが、ある者に扮することで自らを客体化し、仮の姿に投影された自己の内面を他者である自分が観察するという二重構造を設定する方法論は、現実との生の関わりに対してのある種のストレスを避けようとする意識の現れと言えなくもない。それは全てが複製され消費される時代において固有の生の意味が喪失してしまう危機をひとまず先送りするために、自らを複製された対象と化し、それを消費していく自己完結型消費構造の場を、写真に見い出したのかもしれない。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Mailer/ Poster
●題名:Self Portrait(with gun and star),1982
●サイズ:685x510mm
●技法:Offset
●発行:Robert Miller Gallery, New York
●制作年:1983
a0155815_16162321.jpg


a0155815_22191227.jpg

ポスター/メイラーは八つ折りにし、関係者や顧客に郵送された。
[PR]

by galleria-iska | 2010-09-13 22:10 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)


<< ロバート・メイプルソープ...      ロバート・メイプルソープ展招待... >>