ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 07日

ロバート・メイプルソープ展のポスター「Lucio Amelio」(1984)

a0155815_163773.jpg


イタリアのナポリにあって、現代美術を専門に扱う画廊として名高い、ルーチョ・アメリオ画廊(Galleria Lucio Amelio)で1984年に開催されたロバート・メイプルソープ展の告知用ポスター。使われているのは1983年に撮られた「Dennis Spreight」。六本のカラーを握りしめて立つ黒人男性の肉体美とその形が修道女の襟と似ていることから付けられたとも言われる純白の清楚なイメージを持つカラー(オランダカイウ)との組み合わせは、二つの異なる美の極地という観念を持たなければ想像できなもの。

ナポリの市中に掲示されたとき、市民の反応はどうであったのだろう。そのオリジナル写真が日本のテレビに映っていたことがあるのをご存知だろうか。「メイプルソープ ~生と死のエロスを撮る」と題し、1997年3月2日に放映されたNHKの“日曜美術館”がそれである。司会者とゲストには見えるように置かれていたと思うが、テレビの画面では、その部分に装飾用の花が掛かるような演出であったと思う。カメラが回り込む込むことがあれば、終日電話のベルが鳴り止まない事態になるのかも...などと良からぬ妄想を抱き、ひとりドキドキしていたのを覚えている。が、健全なNHKの視聴者は、それがそんな写真であるとは露ほども知らず、日曜朝のひと時を過ごしていたはず。

ルーチョ・アメリオ画廊が発行する展覧会ポスターは、その多くが展覧会を開催するアーティストの手によるオリジナルデザインで、通常のポスター用紙に比べかなり厚手の上質紙に印刷されており、中にはシルクスクリーンやリトグラフといった版画の技法を用いたものもある。この画廊で展覧会を開催した現代美術を代表する作家たち-アンディ・ウォーホル、ヨーゼフ・ボイス、キース・へリング、ソル・ルィット、ミンモ・パラディーノ、サンドロ・キア-は皆こぞってポスターのデザインを手掛けており、絶版となった今では、何倍ものプレミアムが付が付くコレクターズ・アイテムとなっているものもある。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Poster
●サイズ:685x460mm
●技法:Offset
●発行:Lucio Amelio, Napoli
●制作年:1984
[PR]

by galleria-iska | 2010-10-07 15:53 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)


<< ロバート・メイプルソープ...      ロバート・メイプルソープ展招待... >>