ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 08日

ロバート・メイプルソープ展の招待状「Hamiltons」(1988)

a0155815_2219683.jpg

1977年に開廊したハミルトンズ(Hamiltons)は写真専門の画廊で、この招待状は1988年に行なわれたロバート・メイプルソープ展の際に作られたもの。この展覧会は招待客のみ入場可能とある。使われているのはメイプルソープの当時の最新作「Orchid(オーキッド)」(1988年)。ウィキぺディアによると、『ラン科の種はラン(蘭)と総称される。英語では「Orchid(オーキッド)」と言い、ギリシア語の睾丸を意味する「ορχις (orchis)」が語源であるが、これはランの塊茎(バルブ)が睾丸に似ていることに由来する』とあり、なにやら意味有りげな背景を持っている。メイプルソープは、殊に玉葱の断面のような上向きの弁を持つパフィオペティルム(Paphiopedilum)が気に入っていたようで、モノクローム、カラーを問わず何度も撮影している。背景を黒く落とし、パフィオペティルムの花の部分をアップで撮影したオリジナル写真は、24"x20"のフォーマットに拡大され、この熱帯性の植物が自然淘汰の中で獲得した生命体としての形態を、メタリックな構成美として捉えている。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Invitation
●サイズ:165x149mm
●技法:Offset
●発行:Hamiltons, London
●制作年:1988


a0155815_22252925.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-08 22:51 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)


<< ロバート・メイプルソープ...      ロバート・メイプルソープ展のポ... >>