ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 11日

ロバート・メイプルソープ展の招待状 「Galerie Lietzow」(1983)

a0155815_2163851.jpg


1983年にニューヨークのレオ・キャステリ画廊他で開かれたリサ・ライオンを被写体とするロバート・メイプルソープの写真展は大きな話題と反響を呼び、リサ・ライオンは一躍時の人になった。同じ年、ベルリンでは、1970年に画家ゴデハルト・リツォー(Godehard Lietzow 1937-2006)によって創設されたリツォー画廊(Galerie Lietzow)でメイプルソープの近作展「Fotographien 1980-1983」が開かれている。これはそのヴェルニサージュへの招待状。招待状は二つ折りで、表紙に使われたのは1981年に撮影されたメールヌード「Untitiled」で、内側左ページに展覧会の日程とヴェルルサージュの日時、右ページに展覧会歴(個展およびグループ展)、作品集、関係図書。

この写真は1988年のホイットニーでの回顧展にも出品され、図録にも掲載されているが、日本では性器を露出させていることが《公序良俗》に触れるとか云々で、輸入差し止めの原因になった写真である。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Invitation
●サイズ:210x148mm(148x420mm)
●技法:Offset
●発行:Galerie Lietzow, Berlin
●制作年:1983
a0155815_217841.jpg
a0155815_2171831.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-11 21:57 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)


<< ガレリア・イスカ通信開始のお知らせ      ロバート・メイプルソープ... >>