ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 12日

メイプルソープ&グラハム展の案内「Kunstverein in Hamburg」(1988)

a0155815_18165764.jpg

1988年は一年を通してロバート・メイプルソープの重要な展覧会がいくつも開かれているが、その中で、ドイツはハンブルクの美術協会が催したロバート・メイプルソープと彫刻家ロバート・グラハムの二人展は、メイプルソープの経歴にユニークな足跡を残している。パンフレットは、この展覧会を広報するために協会が制作したもので、六つ折りになっており、会員等に郵送された。裏側に当たる部分には、メイプルソープのヌード写真の中で最も美しい写真の一つに数えられる、中国系アメリカ人のリディア・チェン(Lydia Cheng)の均整の取れた裸身をトルソーに仕立てた「Lydia」(1985年)を、その内側には、ロバート・グラハムの、同様のポーズして立つ女性-モデルも同じであろうか、リサ・ライオンにも見えなくもないが-の立像彫刻「Fountain Figure I」(1983年)を撮った写真を載せている。

彫刻家のロバート・グラハムは1938年メキシコ・シティー生まれ。1961年から63年にかけてメキシコのサン・ホセ国立大学(San Jose State College)で学んだ後アメリカに渡り、1963年から64年かけてサンフランシスコ芸術大学(San Francisco Art Institute)に学ぶ。1960年代には早くも頭角を現し、世界の主要な画廊で個展を開催。1971年にハンブルグの美術協会で一回目の展覧会を開催。1977年には、メイプルソープより一足早く、ロバート・ミラー画廊で展覧会を開いている。ロバート・グラハムも男女の筋肉の躍動美を追求しており、どこかメイプルソープを彷彿させるフォルムを生み出している。Robert Mapplethorpe, Robert Graham, Robert Miller、三人のロバートという取り合わせも偶然であるにしても何か不思議な縁を感じない訳にはいかない。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989) & Robert Graham(1938-2008)
●種類:Pamphlet
●サイズ:210x99mm(420x297mm)
●技法:Offset
●発行:Kunstverein in Hamburg
●制作年:1988

a0155815_1817421.jpg
a0155815_18171068.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-12 18:57 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)


<< ロバート・メイプルソープ...      ガレリア・イスカ通信開始のお知らせ >>