ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 19日

ロイ・リキテンスタインの版画の出版案内「Castelli Graphics」(1982)

a0155815_22473918.jpg

1982年2月22日にロサンゼルスで録画され、3月21日に全米テレビで放映された『私は自由を愛する祝典(I Love Liberty celebration)』に合わせて制作された、ロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein 1923-1997)のシルクスクリーン版画「I Love Liberty」の出版案内。ミニチュアサイズ(87x56mm)のイメージが表紙にシルクスクリーンで印刷されており、案内には作品の詳細が記載されている。出版価格は1200ドル、当時の平均的な為替レート($=235円)で邦貨に換算すると凡そ28万円であった。「I Love Liberty」は現在280万円以上という非常に高い価格評価を得ているが、これは美術作品としての評価に加え、その図像が新たなアイコンとしての意味を持つことになったことによるのかもしれない。

部分的に着色されているものの、光と影だけて表された自由の女神像は、日本の人気アニメに出てくる搭乗型ロボット兵器(1)を連想させはしないだろうか。リキテンスタインは1980年にドイツ表現主義のスタイルを引用した版画シリーズを制作しているが、その誇張された描線と強いコントラストを特徴とする表現主義のスタイルを若干引きずっているように見えなくもない自由の女神像が、期せずして日本のアニメのキャラクター表現に接近してしまったということかもしれない。しかしながら、自由の女神像が担っていたであろう本来の意味は、あまりに有名な観光名所のイメージとして消費されていく中で、その物質的な意味の背後に追いやられてしまっていたのだが、リキテンスタインによって、メイプルソープによる彫刻を撮った写真と同質の、それが担う意味内容が集約された部分を切り取り、二次元図像に再構成して見せた結果、人々はそこに新たな象徴性を見い出し、新たなアイコンとして認知するに至ったのではないだろうか。


1.おそらく「機動戦士ガンダム」が思い浮かぶのではないかと思う。個人的な好みを言えば、「機動戦士ガンダム」に先立って制作された「勇者ライディーン」である。が、結局、どちらも安彦良和ではないか。自爆!!!

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Annoucement
●サイズ:172x128mm(172x255mm)
●技法:Silkscreen
●発行:Castelli Graphics, New York
●制作年;1982

a0155815_22474946.jpg

a0155815_22475930.jpg
a0155815_22488100.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-11-19 23:14 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< 山本容子「Carnet de ...      ホルスト・ヤンセンのポスター「... >>