ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 14日

ホルスト・ヤンセンの絵本「Vive la Compagneia」(1968)

a0155815_15393165.jpg


彼の文豪ゲーテが記録したとされるドイツ民謡(フォルクス・リート)で、1815年から大学の学生歌として歌い継がれている「Vive la Compagneia(ビバ・ラ・友よ」の詩にホルスト・ヤンセンが挿絵を付けたもの。

絵本は五枚のパネルから折り本仕立てで、挿絵の下にヤンセンが手書きで歌詞を書き入れている。最後のパネルの画面右上に刷り込みサイン、右下に鉛筆によるサイン。歌詞の下に《Saft:Pinsel poppe》という書き入れがある。Saftとは果汁を意味し、それがポッペの筆のことであると言っているようなのだが、この〈Pinsel poppe又はPinsel-Poppe〉とは、フンデルトワッサーを発見したハンブルクの職人絵師、ジークフリート・ポッペ(Siegfried Poppe)の渾名、あるいはペンネームであるらしい。ポッペはヤンセンの友人でもあったようで、そのポッペの画法のようなものを題材に描いているのかもしれない。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Leporello(Faltbuch=foldable booklet )
●題名:Vive la Compagneia
●サイズ:138x130mm(138x640mm)
●技法:Offset
●印刷:Hans Christians, Hamburg
●制作年:1968

a0155815_15424613.jpg

Ich nehm' mein Gläschen in die Hand
Vive la Compagneia!
Und fahr' damit in's Unterland,
Vive la Compagneia!
Vivela, vive la, vive la, va! vive la, vive la hosasa
vive la Compagneia!

Ich hol' das Gläschen wieder vor,
Vive la Compagneia!
Und halt's an's recht' und linke Ohr,
Vive la Compagneia!
Vivela, vive la, vive la, va! vive la, vive la hosasa
vive la Compagneia!

Ich setz' mein Gläschen an den mund,
Vive la Compagneia!
Und leer' es aus bis auf den Grund,
Vive la Compagneia!
Vivela, vive la, vive la, va! vive la, vive la hosasa
vive la Compagneia!

Dem Gläschen ist kein Recht gescheh'n,
Vive la Compagneia!
Was oben ist, muss unten steh'n,
Vive la Compagneia!
Vivela, vive la, vive la, va! vive la, vive la hosasa
vive la Compagneia!

Das Gläschen, das muss wandern,
Vive la Compagneia!
Von einer Hand zur andern,
Vive la Compagneia!
Vivela, vive la, vive la, va! vive la, vive la hosasa
vive la Compagneia!


(ソロ部分の英訳)
1. I take my glass with my hand
and go with it to the Lowlands

2. I get it out again
and put it near my right and left ear.

3. I put my glass to my mouth
and empty it completely.

4. The glass has got its due
and must stand upside down.

5. The glass must wander
from one friend to the other.



a0155815_1544537.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-14 15:46 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)


<< キース・ヘリングの塗り絵本「K...      ホルスト・ヤンセンの絵本「He... >>