ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 22日

ポール・デルヴォーのポスター「Le Bateau Lavoir」(1966)

a0155815_16575112.jpg


1966年にパリのバトー・ラヴォワール画廊で開催されたポール・デルヴォーの個展「Dessins & premieres lithographies」の告知用に作られたオリジナルのリトポスター。版画用のアルシュ紙に刷られており、限定は250部。実際に掲示されたかどうかは不明であるが、1960年代当時は未だデルヴォーのベルギー以外での認知度はそれ程高くなく、250枚でも多かったかもしれない。と言うのも、デルヴォーの版元である同画廊には、1980年後半になっても、それまでに発行されたオリジナルのリトグラフを表紙に使った図録(Cahier Paul Delvaux)やポスターが未だ残っていたからである。このポスターは、左側のマージンを切り揃える前のもので、右側と比べると、数センチほど巾が広い。

●作家:Paul Delvaux(1897-1994)
●種類:Poster
●サイズ:645x485mm
●技法:Lithograph
●限定:250
●紙質:Arches
●発行:Le Bateau Lavoir, Paris
●制作年:1966

a0155815_1658744.jpg
このポスターは、同じ年にデルヴォーが制作したモノクロのリトグラフ「La dame à la bougie(The candle woman)」のイメージを用いているが、新たに背景色が加えられた。リトグラフには「蝋燭の光の婦人」というような題が付けられているが、画面には蝋燭は描かれてはおらず、画面の外側に視線を向ける婦人の手の仕草に、闇と静寂に包まれた室内で起きようとしていることの全ての意味が込められている、ということになるのだろうか。デルヴォーの描く女性の面立ちは晩年、初期フランドル絵画の人物表現の類型に近づいていくように思われる。


参考文献:
Mira Jacob「Paul Delvaux Oeuvre gravé」Éditions André Sauret, Monaco, 1976
[PR]

by galleria-iska | 2011-05-22 18:19 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< ロバート・ラウシェンバーグの招...      福田繁雄の挿絵本「Romeo ... >>