ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 24日

ロバート・ラウシェンバーグの招待状「Galerie Daniel Templon」(1985)

a0155815_16265572.jpg


1985年にパリのダニエル・タンプロン画廊(Galerie Daniel Templon)で開催されたロバート・ラウシェンバーグの個展のヴェルニサージュへの招待状。タンプロン画廊については、前にロバート・メイプルソープの招待状を取り上げた際に書いているので、今回は省く。この個展はロバート・ラウシェンバーグの「Salvage Series」による近作展であり、偶然にもメイプルソープ展と同じ年に開催されたものである。タンプロン画廊の招待状は常に、画廊の白亜の壁面を表す白のコート紙に同じ書体による文字の配置が行なわれ、作家や展覧会について一切の予断を許さない禁欲的なや美しさを放っている。

タンプロン画廊が紹介してきた主だった作家を見てみると、ウイレム・デ・クーニング、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタイン、エルスワース・ケリー、ジャン=ミッシェル・バスキア、キース・ヘリング、サンドロ・キア、フランチェスコ・クレメンテ、ヨルグ・イメンドルフ、ヘルムート・ニュートン、リチャード・セラ、クリスチャン・ボルタンスキー、カール・アンドレ、ドナルド・ジャッド、ソル・ルウィットと、現代美術の様々な動向を俯瞰することが出来る。

そして現在は、ヴァレリオ・アダミ、アンソニー・カロ、ジム・ダイン、フランク・ステラ、ジョエル・シャピロ、ヤン・ファーブル、クロード・ヴィアラなど、約40人の作家と契約し、その展覧会をプロデュースしている。

●作家:Robert Rauschenberg(1925-2008)
●種類:Invitation(Carton d'Invitation)
●題名:Robert Rauschenberg Oeuvres Récentes
●サイズ:104x149mm
●発行:Galerie Daniel Templon, Paris
[PR]

by galleria-iska | 2011-05-24 16:30 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< 山藤章二のポスター「マカロニ金...      ポール・デルヴォーのポスター「... >>