ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 28日

ベルナール・ビュッフェの招待状「Vézelay. Colline Éternelle」(1968)

a0155815_19575450.jpg


フランスのブルゴーニュ地方、ヨンヌ県の古都で、中世自由都市のひとつであるヴェズレーは1979年、「ヴェズレーの教会と丘」という名で世界遺産に登録されている。村の中心は丘の上に築かれ、その頂きにはバジリカ式の教会堂で、「マグダラのマリア」のためのサント=マドレーヌ大聖堂(Basilique Sainte-Madeleine de Vezeley)が建つ。この村はまた、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の始点となっており、ヴェズレーから国境を越え、イベリア半島北西部に続く「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」として世界遺産に登録されている。

この招待状は、ヨンヌ県の知事および県議会議長主催で、1968年5月31日にジョルジュ・ポンピドー首相出席のもと催された観劇の夕べのために制作されたもので、21世紀を待たずして自らの命を絶ったベルナール・ビュッフェ(Bernard Buffet, 1928-1999)が、表紙絵として、招待客を迎える場所となったサント=マドレーヌ大聖堂を描いている。演目はアカデミー・フランセーズの会員であるモーリス・ドリュオン(Maurice Druon, 1918-2009)作のによる「ヴェズレー、永遠の丘-音と光」。この表紙絵をもとに、ビュッフェの刷り師であるシャルル・ソルリエが版を起こしたエスタンプ((lithographie d'interprétation=Interpretation lithograph)と告知用のポスター(530x330mm、限定800部)が制作された。尚、エスタンプとポスターでは背景色が空色に変えられている。

●作家:Bernard Buffet(1928-1999)
●種類:Invitation
●技法:Lithograph
●題名:Vézelay. Colline Éternelle
●サイズ: 255x180mm(255x360mm)
●印刷:Mourlot, Paris
●制作年:1968

a0155815_19581499.jpg




a0155815_1355490.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-28 18:42 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< アラントン画廊の招待状「Les...      山藤章二のポスター「マカロニ金... >>