ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 30日

キース・ヘリングの缶バッジ「Radiant Baby」(1988)

a0155815_12484573.jpg

キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)のアイコンのひとつである「Radiant Baby(光輝く赤ん坊)」の成立は1980年頃で、ヘリングが1982年のトニー・シャフラジ画廊での個展の際に配布したステッカーを取り上げた際に、その成立の背景について言及しているブログの要点を紹介した。今回のものはシャフラジ画廊の初個展から六年後の1988年にポップショップで販売されたミディアムサイズの缶バッジで、光輝くという言葉に相応しく、金地の画面に仕立ててある。初期の図像では、後光の数は17本、赤ん坊の身体に沿って描かれているが、1984年頃に赤ん坊の周囲に円状に配した図像に変更される。後光の数も2本増え、以後これが定番となる。1988年の年記を持つこのバッジも後光の数は19本で、側面には、“© K.HARING 1988”と記されている。
 
●作家:Keith Haring(1958-1990)
●題名:Radiant Baby
●サイズ:diameter 36mm
●種類:Button(Can badge)
●技法:Silkscreen
●制作年:1988年
[PR]

by galleria-iska | 2011-08-30 12:49 | キース・へリング関係 | Comments(0)


<< マルク・シャガール「Derri...      マン・レイの表紙絵「XXe s... >>