ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 06日

クリスチャン・ボルタンスキー「point d'ironie n°7」(1998-07-01)

a0155815_18391716.jpg


ファッション・ブランドととしては後発のアニエス・ベー(agnès b)であるが、ブランド創立者のアニエス・べーこと、アニエス・トゥルーブレ(Agnes Troublé)はもともと美術館のキュレーターを目指していたというだけあって、1984年には自社のギャラリー、ギャラリー・デュ・ジュール(galerie du Jour)を、パリのジュール通り、Femmeブティックのすぐ隣にオープンし、展覧会を開催した若手現代美術作家(ジャン=シャルル・ブレ、日比野克彦、ルル・ピカソ)による広告ポスターを制作。ギャラリーは1996年、ポンピドゥー・センター近くへ移転。書店も併設し、現代美術、ことに写真関係の作品の展示に力を注いでいる。

アニエス・べーが発行しているポワン・ディロニー(point d'ironie「 ؟ 」=作品や記事の皮肉な部分を知らせる記号)という雑誌・ポスターは、アニエス・ベーのサイトの紹介によれば、1997年に、人間の記憶や時の流れを取り扱った作品を写真や映像、オブジェを用いて制作するフランスの現代美術作家、クリスチャン・ボルタンスキー(Christian Boltanski, 1944-)とともに「拡散」というアイデアをもとに生まれたとある。アニエス・ベーとスイス人キュレーターで評論家のハンス=ウールリッヒ・オブリストによって発行されている。美術作家、音楽家、建築家、映画監督などが参加しており、各自が8ページほどの紙面を使って自由に作品を展開することができる企画。年6回発行。10万部から30万部が、全世界のアニエス・ベーのブティックや美術館、ギャラリー、学校などで無料で配布されている。

ポワン・ディロニーの第七号は、そのボルタンスキーが担当しており、「L'Ecole de Hamburgerstrasse ؟ 」と題された作品は、ベルリンのハンブルク(大)通りの学校で1939年に撮影された集合写真をもとに構成されているが、第二次世界大戦が勃発した1939年に、この少女たちが誰で、何を見て笑っているの、また何が彼女たちを笑わせているかは明らかにされてはいない。ナチスは既に、党首のアドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)が首相に就任した1933年に、ドイツ国内で、「ナチス政権の実在・仮想の敵を拘束し虐待するための」強制収容所の建設に着手しており、同年1年だけで、ナチス親衛隊(SS)や警察が運営する強制収容所の数は国内で100を超え、最終的には強制収容所やゲットー(ユダヤ人強制居住区域)などの迫害施設は二万ヶ所近くに上るとされる。この1938年の少女たちの屈託のない無邪気な笑顔と、60年後の1998年の今の少女たちのそれとに違いはないかもしれないが、ここに写った彼女たちにはその後の運命は如何なるものであったかは、語るまでもない。ボルタンスキーはこの写真を使った作品を繰り返し制作している(1)。

この第七号は、発行当時にアニエス・ベーのショップで入手したもの。五部いただいてきたが、残り二部となった。二枚のシートに裏表印刷されており、8ページ、計四面となる。紙面を捲ると、前景と遠景が交互に合わさっていて、幾つかの写真を使っているように思われるが、二部の紙面を使って一枚の写真に繋ぎ合わすことができる。

a0155815_18393297.jpg
a0155815_1839479.jpg
a0155815_1840091.jpg
a0155815_18401122.jpg
a0155815_18402317.jpg
⑦Christian Boltanski, L'Ecole de Hamburgerstrasse ؟ juillet 1998 ・ directeur de la publication:agnès b ・ rédacteur en chef:Hans-Ulrich Obrist ・ chargé d'éditions:Carrie Pilto ・ 17 rue Dieu, 75010 Paris, France・tel +33 (0)1 40 03 45 86・fax +33 (0)1 40 03 45 54 ・ mprimé en Belgique par Ro RC 71729 ・ ce journal ne peut être vendu ・ photo D.R.

a0155815_13221491.jpg
元写真のイメージ

註:
1.(i).Christian Boltanski, L’Ecole de Grosse Hamburgerstrasse, 1939. Photogravure. 25 in. x 19 in.(63.5x48.3cm)
a0155815_22292686.jpg


(ii).Christian Boltanski, Portfolio titled "The School of Grosse Hamburgerstrasse, Berlin," which references memories of the Holocaust through the innocence of school children. With 8 (of 8) photogravures, each approximately 16 1/4x11 1/4 inches(41.3x28.6 cm.), with Boltanski's initials and sequentialletter "A"-"H," in pencil, on verso. Contents loose asissued; each individually framed. one of an edition of 25 and 5 artist'sproofs. 1939; printed 1998. This portfolio was published by the Marian GoodmanGallery, New York, to benefit The BrooklynAcademy of Music.

(iii).Christian Boltanski, L’Ecole de Grosse Hamburgerstrasse, en 1938 signed and numbered. Ed.40. metal tin, photograph, cloth, tape, and litho pencil( i:) 9 1/4 by 8 3/4 by 1/2 in. (23.5 by 22.2 by 1.3 cm). (ii): 9 by 8 1/2 by 2 1/4 in. (22.9 by 21.2 by 5.7 cm). Executed in 1991.

参考文献:
1.Bob Calle 「Christian Boltanski Livres d'artiste 1969-2007」 Editions 591, Paris, 2008, p. 125
2.Deborah Wye & Wendy Weitman  「eye on europe : prints, books & multiples / 1960 to now」 The Museum of Modern Art, New York, 2006, p. 103.
[PR]

by galleria-iska | 2011-09-06 20:57 | その他 | Comments(0)


<< ホルスト・ヤンセンの展覧会図録...      ジャン・デュビュッフェ版画展図... >>