ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 13日

ホルスト・ヤンセン回顧展図録「Janssen:Retrospektive auf Verdacht」(1982)

a0155815_17262485.jpg

1982年にハンブルク美術工芸博物館(Museum für Kunst und Gewerbe Hamburg)で開催されたホルスト・ヤンセンの35年に渡るグラフィック作品の回顧展「ヤンセン:嫌疑のある回顧展」の図録。この展覧会には、ヤンセンがハンブルク美術学校のアルフレート・マーラウ教授の版画教室の生徒として在学中の1947年の夏に道化芝居を題材に制作した絵本で、1948年にヤンセンの最初の出版としてハンブルクの書肆ヘルマン・ラーツェンから刊行された『みんなそこにいるかい(Seid ihr alle da)』を始めとする一連の絵本はもとより、ヤンセンのグラフィック作品の中核をなす展覧会のポスターと招待状を中心に、折り本形式の年賀状、広告、挿絵、絵入り手紙や写真に版画作品(木版画、リトグラフ、銅版画)を加えた378点が出品された。この展覧会と同じ趣旨で企画された展覧会がヤンセンの生誕80年となる2010年にも開催されているが、我が国では、このような、ポスターや招待状、広告などのエフェメラ(美術館では作品の二次的資料と呼ぶらしい)を中心に添えた展覧会が企画されることは殆んどなく、階層的評価に基づく名画至上主義の体質はいつまで経っても改まらない。

図録の表紙絵は、ヤンセンがこの展覧会のために銅版画で制作した自画像「Selbstbildnis」。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Catalogue
●サイズ:290x226x16mm
●技法:Offset
●限定:6000(hardcover:3000, softcover:3000)
●発行:Museum für Kunst und Gewerbe Hamburg
●印刷:Hans Christians, Hamburg
●制作年:1982
a0155815_17263923.jpg

a0155815_17265422.jpg
左頁:絵本「みんなそこにいるかい」
a0155815_1727882.jpg
右頁:若き日のヤンセン(奥)とヴンダーリッヒ(手前)を写した写真、1957年。
a0155815_17275548.jpg
左頁:1957年の1月から2月にかけて、ヤンセンがヴァールブルク通りの自宅で開いた色彩木版画の展覧会の告知用に制作したオリジナルのリトポスター。右頁:その展覧会から三ヶ月後の5月から6月にかけて“現代美術画廊”(後のブロックシュテット画廊)で開かれたヤンセンの色彩木版画の展覧会の告知用のオリジナル・リトポスター。この二つのポスターはパウル・ヴンダーリッヒの手ほどきを受け、ヤンセン自身が刷りを行なっている。
a0155815_17273967.jpg
左頁:ハノーヴァーのケストナー協会での回顧展のポスター。
a0155815_17281218.jpg

a0155815_17305237.jpg
左頁:1969年4月から5月にかけてブロックシュテット画廊で開かれたレオノール・フィニの展覧会のために亜鉛版エッチングで制作したポスター。モデルは妻のヴェレーナ。右頁:その年の9月から10月にかけてブロックシュテット画廊で開かれた“20世紀のヌード”と題された展覧会のために、同じ構図を使い、シルクスクリーンで制作したポスター。ヤンセンは1960年代後半にシルクスクリーンによるポスターを数点制作している。
[PR]

by galleria-iska | 2011-10-13 18:57 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)


<< ジャスパー・ジョーンズのポスタ...      横尾忠則のポスター・カレンダー... >>