ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 28日

ホルスト・ヤンセンのポスター(17)「Hamburger Schauspielhaus(2)」(1968)

a0155815_23163122.jpg

ホルスト・ヤンセンのドイツ劇場における舞台劇の初日公演を広告するポスター第二作は、芸術監督であったエゴン・モンク(Egon Monk, 1927-2007))が現代風の舞台演出を行ない、1968年の9月8日に上演された、ドイツの劇作家ヨーハン・クリストフ・フリードリッヒ・フォン・シラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller, 1759-1805)の第一作目の戯曲『群盗(Die Räuber)』ためのもの。シラーの『群盗』は、いわゆる“疾風怒涛(シュトゥルム・ウント・ドラング )時代”の末期にあたる1781年に出版された戯曲で、批評家からはヨーロッパのメロドラマの進展に影響を及ぼした作品と考えられている。1782年1月13日のマンハイムでの初演は観客の度肝を抜き、一夜にしてセンセーションを巻き起こした。これを観た多くの若者が盗賊になろうとした、とある。筋書きは、カールとフランツ・モールという二人の貴族の兄弟の間の確執を中心に展開していく。カリスマ性を持つ一方で反抗的な学生のカールは父に深く愛されているが、弟のフランツは冷酷で計算高い悪人で、カールの相続財産を取り上げてしまおうと企む。劇が進むにつれて、フランツの様々な計略とカールの無邪気で英雄的行為がともにコンプレックスであることが明らかになる。この公演は1969年の11月23日にテレビ放映された。

エゴン・モンク(Egon Monk, 1927-2007)の舞台演出は、ハンブルクの国立舞台の保守的な観客の度肝を抜き、大きなスキャンダルとなり、モンクはドイツ劇場の芸術監督から降ろされることになる。在任期間は僅か74日であった。

ヤンセンはカールとともに盗賊になった五人の学生を描いており、それぞれの配役を記している。盗賊の間から顔を見せる小柄な女性は、カールに恋するアマーリア。そして画面左下から伸びる手は、フランツの謀略によって殺されたことになっている父親の老モール伯爵である。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Poster(Plakat)
●題名:Premiere "Die Räuber"
●サイズ:867x609mm
●技法:Strichätzung(Zinkätzung)
●限定:2000
●発行:Hamburger Schauspielhaus(Das Deutsche Schauspielhaus in Hamburg)
●刷り:Hans Christians, Hamburg
●制作年:1968
●目録番号:Meyer-Schomann 33

a0155815_17183774.jpg
鉛筆によるモノグラムサイン。画面右下角には刷り込みのサインと年記。


a0155815_1822102.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-12-28 11:15 | ホルスト・ヤンセンのポスター | Comments(0)


<< アンリ・カルティエ=ブレッソン...      ホルスト・ヤンセンのポスター(... >>