ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 16日

サイ・トォンブリー版画展の案内状「Cy Twombly: Some Prints」(1990)

a0155815_216331.jpg

アメリカ合衆国バージニア州出身の画家、彫刻家サイ・トゥオンブリー(Cy Twombly, 1928-2011)には結局、縁がなかったようである。トゥオンブリーは早くからニューヨークのキャステリ画廊で展覧会を行なっているが、日本で耳目を集めるようになるのは1990年代、バブルが崩壊した後のことではなかったかと思う。1980年代にアメリカの版元のカタログなどで版画を目にすることがあったが、現代美術が沸騰していく中で一人蚊帳の外といった感で、ラウシェンバーグやジャスパー・ジョーンズを始めとする同時代のアーティストから評価の高かったギリシャ・ローマの神話や歴史、詩の断片などを画面に取り込んだカリグラフィー的な作品に興味を示す者は少なかった。ウォーホルの代名詞と言われるマリリンの版画作品が1点数万ドル超えても、トゥオンブリーの版画はまだ数百ドルで購入することが出来た。この作家はすごいことになるかもしれない、という予感を抱きながらも、手が出せないまま、時間だけが過ぎていってしまった。

1990年というバブル絶頂期に、ニューヨークにオフィスを構え、現代美術を紹介していたフィギュラ(Figura Inc.)から送られてきたトゥオンブリーの版画展の案内状には、フィギュラのロゴとともに、トゥオンブリーが版画やポスターの制作に用いる書体で、この展覧会のタイトル『SOME PRINTS』が記されている。今となってはせめてこれがトゥオンブリーのオリジナル・デザインであればと願う次第である。

フィギュラの経営者はキャステリ画廊との関係を匂わせるイタリア出身の女性であったが、バブル崩壊後に事務所を閉鎖しイタリアに帰っていった。

a0155815_13571132.jpg
図版:トゥオンブリーが1984年にユーゴスラビアのサラエヴォ(Sarajevo)で開催された冬季オリンピックの公式ポスターのために制作した版画作品のイメージ。

●作家:Cy Twombly(1928-2011)
●種類:Announcement
●サイズ:114x159mm
●発行:FUGURA INC., New York
●制作年:1990

a0155815_2172126.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-01-16 19:48 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< ホルスト・ヤンセンのポスター(...      ホルスト・ヤンセンのポスター(... >>