ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 28日

ルネ・キフェール書店の目録・案内状「Librairie-Galerie René Kieffer」

a0155815_20503331.jpg

研究のための資料として見ていた書物が、ある一冊の本との出会いから、それ自体がひとつの意味のある存在へと転じ、古書の魅力にはまり込んで行き、ついには愛書狂を自認するまでになってしまったフランス文学者の鹿島茂氏が、愛書家への道を自らの体験をもとに綴ったエッセイ「子供より古書が大事と思いたい」( 青土社 1996年、文春文庫 1999年)にも登場するパリ6区のサン・タンドレ・デ・ザール通りにあったルネ・キフェール書店(Librairie-Galerie René Kieffer)から定期的に送られてきた在庫目録。同書店は、挿画入りの豪華本の出版と、アールヌーボーを代表する装丁家マリユス・ミッシェル(Marius-Michel, 1846-1925)の弟子で、後にアヴァンギャルドなデザインを取り入れた装丁を行なったルネ・キフェール(René Kieffer, 1876-1963) が1920年代に開いた書店で、本の装丁と出版および古書の売買を業務とした。二代目は、古書、特に詩集および詩画集の売買に力を入れ、また画廊として現代作家の挿絵本の刊行に合わせて展覧会を企画した。店主が亡くなった後、仕事を手伝っていた娘さんが跡を継いだが、しばらくして店を売却し、他の場所に店(Librairie Kieffer)を開いたが、目録が送られてこなくなったので閉店したのかもしれない。

この目録(通巻253号)は、1992年6月、画家、版画家、児童書の作家で挿絵画家のアルベール・ルマン(Albert Lemant, 1953-)の新作「La Tapisserie de Bagneux」の刊行に合わせて行なわれた展覧会の告知を兼ねており、表紙のデザインをルマンが行なっている。アルベール・ルマンは1953年パリに生まれ、1972年から1986年までジョルジュ・ルブランの版画工房で刷り師として働いた後、作家として作品制作を始め、数多くの挿絵本を制作している。

a0155815_13193287.jpg
この目録以外で、作家のデザインまたは作品を表紙に用いたもの。

●作家:Albert Lemant(1953-)
●種類:Catalogue/Annoucement
●サイズ:208x95mm
●技法:Offset
●発行:Librairie Galerie René Kieffer, Paris
●制作年:1992
a0155815_20523719.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-01-28 18:57 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< モイズ・キスリングの口絵「Bl...      フィリップ・モーリッツ展図録「... >>