ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 03日

ロイ・リキテンスタインのポスター「Stedelijk Museum」(1967)

a0155815_1785559.jpg

1967年にアムステルダム市立美術館がヨーロッパでは最初のロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein, 1923-1997)の回顧展を開催した際に作られた告知用のポスター。同じイメージを使った図録は前に取り上げている。このポスターは、リキテンスタインが1966年から始めた、アール・デコの建築やデザインを特徴付ける幾何学的文様を画面構成に盛り込んだスタイルでデザインされているが、オランダ人デザイナーのウィム・クロウェル(Wim Crouwel,1928-)が選んだタイポグラフィの書体は、リキテンスタインの意図に対して少し地味ではないかと思われる。ポスターは5000枚印刷され、うち1000枚はタイポグラフィが省かれている。オランダで印刷された後、版元であるニューヨークのポスター・オリジナルズ社に送られ、シートの裏側に「PRINTED IN HOLLAND」のスタンプが捺された。

このポスター、出版元のポスター・オリジナルズ社では「Arrow and Column」という題で販売していたが、リキテンスタインのポスターの中では静的なイメージであるため、セールス的には鈍かったようで、同社の価格表(出版時の価格は5ドルぐらいでないかと思われる。1980年代の中頃は15ドル、その後25ドルになり、最後は50ドルだったように思う)には最後まで残っていた。ポスター・オリジナルズ社から購入したもののうち、最後までケースに入れて保管していたものは、リキテンスタインのコレクターに譲ってしまったが、その後しばらくして、運良く稀少性の高い(?)文字無しのものを二枚入手することができた。一枚は保存用、もう一枚は真赤なフレームに入れて飾っていたが、結局二枚とも手放してしまった。今手元にあるものは、少々曰く付きもので、前の所有者は、1980年代初頭にソニープラザと提携し、版画やアートポスターの販売を始めた人物であるが、人のことを“香港あたりから贋物を買っているイカサマ野郎”とあちこち言い触れて回ったため、知人からも白い目でみられ、随分迷惑した。その店は、ままよくあるように、バブロ崩壊後に閉店、残った在庫は倉庫に眠らせていたようなのであるが、二十年近く経って突然リサイクルショップから売りに出されたのである。しかも千円足らずという、何とも悲しすぎる価格で。それでやむを得ず救済することにしたのである。告知や宣伝のために使われる一方、商品として売り買いされるポスターであるが、それ固有の価値や意味を認めなくては、紙切れ同然になってしまうことを知っておかなくてはならない。

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Poster
●技法:Offset lithograph
●サイズ:950x640mm
●限定:5000, 1000 impressions without the exhibition typography
●発行:Stedelijk Museum, Amsterdam, and Poster Originals, ltd., New York
●印刷:Amsterdam Stadsdrukkerij
●目録番号:Corlett. III.23
a0155815_1793651.jpg
ポスター・オリジナルズ社の版権表記と出版番号。
a0155815_1794878.jpg
シートの裏側に押された「PRINTED IN HOLLAND」のスタンプ
a0155815_17143932.jpg
同展の図録


a0155815_17162848.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-03-03 18:32 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< デイヴィッド・ホックニーのポス...      ブランコ・ミルスのポスター「G... >>