ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 19日

デイヴィッド・ホックニーのポスター「Arun Art Center」(1980)

a0155815_16583019.jpg

1980年にイングランド南部に位置するウエスト・サセックス州アランデルのアラン・アートセンターで開催されたデイヴィッド・ホックニー(David Hockney,1937-)の版画展「David Hockney:Modern Graphics 1969-1979」の告知用ポスター。このポスターのイメージとして使われたのは、ホックニーが「六つのグリム童話(Six Fairy Tales from the Brothers Grimm)」(註1)の挿絵として1969年に制作した39点のエッチングのうちの「家(Home)」という作品で、「こわがることをおぼえるために旅にでかけた少年の話(The Boy who left home to learn fear)」のための挿絵のひとつである。ホックニーは1976年にもこの作品を使ってポスターを作っている。デンマークのルイジアナ美術館で行なわれた個展の告知用ポスターで、白い用紙にモノクロで印刷されている。一方、このポスターでは、クリーム色の背景色が加えられ、雁皮刷りのようなトーンが作りだされている。

ホックニーのポスターは、1960年代に制作されたオリジナル・デザインのポスターを除けば、過去の作品を使ったポスターが殆んどであるが、このポスターのように、見せ方にアレンジを加えることで、単なる複製物としてではない、ポスターとしてのオリジナル性を高めようとしている。

●作家:David Hockney(1937-)
●種類:Poster
●題名:David Hockney: Modern Graphics 1969-1979
●サイズ:813x509mm
●技法:Lithograph
●発行:Petersburg Press, London
●制作年:1980
●目録番号:Hockney Posters 21
a0155815_1772691.jpg

a0155815_177374.jpg


註:
1.ホックニー自身が語っているところによれば、彼がグリム童話の挿絵の制作に取り掛かったのは1969年の3月頃とあるが、実際の制作期間は、5月から11月にかけてのことであったようで、下絵の準備は行なわず、ロンドンで銅板に直接描画し、腐食を行なったとある。銅版画集は1970年にロンドンのピータースバーグ・プレス社から「Illustrations for Six Fairy Tales from the Brothers Grimm」として出版されている。また1970年の中頃には革装丁の小型の挿画本が、こちらもピーターズバーグ・プレス社から刊行されている。
[PR]

by galleria-iska | 2012-03-19 22:02 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< 平和のワイン「Robert R...      ホルスト・ヤンセンの招待状「E... >>