ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 10日

ジム・ダインのポスター「Dim Dine Petersburg Press」(1971)

a0155815_18491178.jpg

ポップ・アートを代表する作家のひとり、ジム・ダイン(Jim Dine, 1935-)がイギリス在住時代(1967年~71年)に制作したリトグラフによる版画作品「Bathrobe」(1970-76)のイメージ(版?)をそのまま利用して作ったポスター。版画の出版(1976年)に先立ち、1971年に、ジム・ダインの1960年代末から1970年代中葉までの版元であったロンドンのピーターズバーグ・プレス社から出版された。「Green Robe」と題されたこのポスターには二つのヴァージョンがあり、ひとつは版画用のアルシュ紙に刷られたデラックス版で、ダインのサインが入れられており、もうひとつは、通常のポスター用紙に刷られたものである。このポスター、当初は「Bathrobe」を含む版画集の広告宣伝を意図したものになる筈だったものが、版画集の制作が延期あるいは中断を余儀なくされたために、ポスターのみの単独出版となったのではないかと思われる。

ジム・ダインのバスローブとの出会いは、ポップ・アートの作家らしいと言えばその通りで、年譜によると、1963年に、ニューヨーク・タイムズ誌の中で本物のバスローブの写真を発見し、それが切っ掛けとなって、バスローブを主題とする最初の絵画作品「Selfportrait」(1964年制作)を描くことになったとある。ただ、他の主題への関心やロンドンへの移住によって、1965年以降は描いてはおらず、僅かに版画作品の制作を通じてモチーフへの探求が続けられている。ようやくダインの主要なモチーフとして絵画作品の中で大きく取り上げられるのは、「Bathrobe」が出版される1976年になってからのことである。ジム・ダインの描くバスローブは、絵画を成立させるための主題として偶然取り上げられた物に他ならないとしても、写真の中にあった商品として形ではなく、それを着ている人間の気配を強く意識させ、そして個人の人権や生存権といった人間性の復権が叫ばれた1960年代において、人格よりもその制度や体制、あるいは見かけによって成立している人間不在の時代を象徴しているかのようにも見れる。

●作家:Jim Dine(1935-)
●種類:Poster
●題名:Jim Dine Petersburg Press: Green Robe
●サイズ:781x559mm
●技法:Lithograph
●発行:Petersburg Press, London
●制作年:1971
a0155815_18403285.jpg
              画面左下部分

a0155815_11552346.jpg
           ポスター                       版画作品

ジム・ダインはこの年、絵画、水彩、オブジェ、版画からなる個展をドイツ各地とスイスで開催しており、その際、それぞれの美術館のために告知用のポスターをリトグラフで制作している。ポスターのサイズはピーターズバーグ・プレス社のものと同じフォーマット(780x560mm)に統一され、それぞれに通常版とアルシュ紙に刷られたサイン入りのデラックス版が存在する。美術館名は以下のとおりである。

1.Kunsthalle Düsseldorf
2.Kunsthalle Baden-Baden
3.Nationalgalerie Berlin
4.Kunsthalle Bern




a0155815_11571951.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-03-10 19:33 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< キース・ヘリングのステッカー「...      ロイ・リキテンスタインのポスタ... >>