ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 24日

パウル・ヴンダーリッヒのポスター「Galerie Berggruen」(1976)

a0155815_12203724.jpg

このブログでもしばしば取り上げるホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)のハンブルク美術学校からの友人であり、版画制作の指導者であり、そして良きライバルでもあったパウル・ヴンダーリッヒ(Paul Wunderlich, 1927-2010)は、1964年に日本文化フォーラム賞を受賞、1968年の第六回東京国際版画ビエンナーレでは神奈川近代美術館賞を受賞し、1970年代にはウィーン幻想派とともに日本でもっとも人気を集めた作家であったが、その死は等閑視され、美術界でも何ら目を引く試みは成されかったように思われる。そのヴンダーリッヒを、シュルレアリスムの系譜に連なる作家として、ハンス・ベルメールやヤンセンとともに、日本にいち早く紹介したのは、ヴンダーリッヒとヤンセンとは同世代の美術史家で評論家の故坂崎乙郎(Sakazaki Otsuro, 1928-1985)氏ではなかったかと思う。かく言う自分も、著書「幻想芸術の世界」によって、ハンス・ベルメールとヴンダーリッヒの線が紡ぎ出す怪しいエロスの世界に導かれたひとりである。

ヴンダーリッヒより二才若いホルスト・ヤンセンは、1995年8月31日に66才で亡くなっているが、2000年にその画業を記念する「ホルスト・ヤンセン美術館(Horst Janssen Museum Oldenburg)」がオルデンブルクに設立され、毎年何かしらのテーマを設けて展覧会が行なわれている。一方、2010年6月6日に83才で亡くなったヴンダーリッヒついては、死後間もないためか、美術館設立の話は未だ聞こえてこないが、2007年に生まれ故郷のブランデンブルク州エバースヴァルデ(Eberswalde)の市の広場に建設された行政施設「パウル・ヴンダーリッヒ・ハウス( Paul-Wunderlich-Hauses)」にヴンダーリッヒから寄贈・貸与されたパーマネントコレクション300点を展示公開する常設展示室が設けられた。オープニング・セレモニーにはヴンダーリッヒ自身も出席しているが、その時撮られた写真を見ると、かつての精悍さは消え、顔に深いを皺を刻んだ齢80の老人の姿が写っていた。先日何気にホルスト・ヤンセン美術館のサイトを覗いてみると、今年度の開催予定の展覧会の中に、「Paul Wunderlich - Das lithografische Werk」(会期は9月23日から来年1月6日まで)と題し、パウル・ヴンダーリッヒ(Paul Wunderlich, 1927-2010)のリトグラフに焦点を当てた展覧会が組まれているのを見つけた。この展覧会は、ハノーファーとベルリンに画廊に開いたディーター・ブルスベルク(Dieter Brusberg)から最近寄贈された初期から1975年までのリトグラフ90点を所蔵するハンブルク美術館(Hamburger Kunsthalle)の協力によって開催されるとのこと。現在はそのハンブルク美術館で、「Paul Wunderlich – The Early Lithographs」と題した展覧会が開かれている。会期は5月27日までとある。

ハノーファーのブルスベルク画廊といえば、1960年代から70年代前半までヴンダーリッヒの版元であり、版元がオッフェンバッハのフォルカー・フーバー(Volker Huber)に移るまでのヴンダーリッヒのの全版画作品を扱っていた。1963年にハノーファーのケストナー協会で個展を開催した菅井汲(Sugai Kumi, 1919-1996)もこの画廊で展覧会を開催し、1964年から1974年にかけて数多くの版画作品を出版している。また版画集のための肖像写真をヴンダーリッヒ夫人のカリン・シェケシー(Karin Székessy, 1939-)が撮影していることから、二人は顔見知り以上の関係ではなかったかと思われる。前に一度、知り合いの画廊に頼まれ、ブラスベルク画廊から、今では国内のネット・オークションにも単品で出品されることもあるリトグラフ8点からなる連作版画集「Twilight」を輸入したことがあるが、ブラスベルク画廊が版画集を貨物扱いで送ってきたため、「美術品かそうではないかは税関が決めること」とのたまう東京税関で引っ掛かり、検査の結果、「公安又は風俗を害すべき書籍,図画,彫刻物その他の物品」(関税定率法第21条第1項第4号)のうちの“猥褻な図画”に該当するとされ、返送もしくはマジックマーカーによる塗りつぶしを求められた。作品を毀損することはできないので返送を希望すると、今度は輸出申請が必要ということで、通商産業省に輸出許可を願い出なくてはならなくなった。輸入もしていないのに輸出申請という訳の分からないことをさせられ、版画集はドイツに送り返された。

さて肝心のポスターであるが、このポスターは、1976年2月16日から3月13日にかけてパリのベルクグリューン画廊で行なわれたヴンダーリッヒのリトグラフの近作展の告知用に作られたオリジナルデザインのリトグラフポスターである。同じイメージを用いた版画作品も同時に制作・出版されている。ヴンダーリッヒは1970年代に入ると、それまでのカリン・シェケシーの写真に基づく構図と並行して、デューラーを手始めに、アングルやマネといった近代の作家のパラフレーズや、神話や歴史に取材し、エジプトのレリーフ彫刻を思わせる特徴的な横顔を持つ人物像を、マニエリスム風のスタイルで描き始める。このポスターは、アングルの「グランド・オダリスク」の構図を引用しつつも、原画にはないモチーフを加え、ヴンダーリッヒ独自の構図としたものであり、前の年に描いた彫刻「Amazone」のための下絵との類似性が認められる。

●作家:Paul Wunderlich (1927-2010)
●種類:Poster
●題名:Odaliske mit rotem Vogel
●サイズ:770x576mm
●技法:Lithograph
●発行:Galerie Berggruen, Paris
●限定:500
●制作年:1976
●目録番号:R.513

a0155815_1220497.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-05-24 19:43 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< キース・ヘリングのカバーアート...      フィリップ・モーリッツ展案内状... >>