ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 25日

デイヴィッド・ホックニーのポスター「Los Angeles 1984 Olympic Games」(1982)

a0155815_18554715.jpg

第30回オリンピック競技大会(Games of the XXX Olympiad )となるロンドン・オリンピック(London 2012 Olympic Games)の開幕も間近となってきたが、現在のような高い放映権やスポンサーの協賛金によって大会の運営費を賄うという、いわゆる商業主義の発端となったのが、1984年にロサンゼルスで開催された第23回オリンピック競技大会(Games of the XXIII Olympiad)である。赤字が続いたオリンピックへの政治的介入を避け、大会を維持する方法論として採られたのだが、世界共通言語となった貨幣経済の論理は、誰にも分かり易く、かつ合理的なやり方なのかもしれない。広報用に作られた公式ポスターも収益を得るグッズのひとつであり、作家がサインを入れた限定750部の愛好家向けヴァージョンも作られている。ポスターのデザインは、ロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg, 1925-2008)を始めとする15人の名だたる現代美術作家が行なっており、その内のひとり、1964年にロサンゼルスに移住したデイヴィッド・ホックニー(David Hockney, 1937-)は、水泳競技のポスターのデザインを行ない、ペイントされたプールで泳ぐスイマーをモチーフにしたポライロイド・コラージュ(註:1)の作品を制作している。ホックニーは、1972年開催のミュンヘン・オリンピックの際にも水泳競技のポスターを手掛けており、その時はリトグラフで制作しているのだが、ポスターに描かれているスイマーが、その褐色の肌に似合わず、どこか病的な表情をしており、飛び込むというよりも墜落していくように見え、あまり評判が良くなかった。そのことを意識してか、ロサンゼルス・オリンピックのポスターでは、顔が見えないよう、スイマーを俯瞰的に捉えた画像を組み合わせ画面を構成している。
a0155815_1781392.jpg


●作家:David Hockney(1937-)
●種類:Poster
●題名:Swimmer
●サイズ:916x612mm
●技法:Offset lithograph
●発行:Knapp Communications Corporation, Los Angeles
●制作年;1982
a0155815_18551931.jpg
a0155815_18553360.jpg
ロサンゼルス・オリンピックの公式ロゴ。ロバート・ラウシェンバーグは大会のシンボルであるこのロゴの中に様々な画像をコラージュしたデザインを行なっている。

註:
1.この年ホックニーはポンピドーセンターでの写真展に向けて盛んにポラロイド・コラージュの作品を制作している。
[PR]

by galleria-iska | 2012-07-25 19:22 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< コンテンポラリー・アーテイスト...      ロイ・リキテンスタインのポスタ... >>