ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 31日

リチャード・ロングのポスター「Richard Long New Work」(1980)

a0155815_1323644.jpg

イギリスの彫刻家、写真家、画家リチャード・ロング(Richard Long, 1945- )の作品を初めて見たのは、名古屋の錦にあったコウジ・オグラ・ギャラリー(Kohji Ogura Gallery)であったと記憶する。見晴らしの良い草地に巨石が円状に並べられたストーン・ヘンジもそのひとつであるストーン・サークルやケルト文化との関係性を仄めかすような、加工されていない様々なサイズの石が円を形作るように置かれていた。石を配置するために使われるのは写真だったように思う。円は様々な民族とって生や死、また神の存在とも結びついた特別な意味を持つ形態であるが、ロングの作品では、無機的な石を使って単純でありながら最も完全な形である円を構成することによって人知を超えた何かとの交感を示そうとしているのだろうか。その方法論はミニマルアートの概念に繋がるものとされている。このポスターにはメキシコで制作されたサークルをロング自身が撮影した画像が使われている。ロングのこのような行為=作品はランドアートとして捉えられるが、人口の自然を作り出すような大掛かりなものではなく、自然に大きな負荷を掛けない、作家個人の身体性の痕跡を示すものである。

●作家:Richard Long(1945-)
●種類:Poster
●題名:Circle in Mexico 1979
●サイズ:482x647mm
●技法:Offset lithograph
●発行:Anthony d'Offay, London
●制作年:1980
a0155815_1738696.jpg

a0155815_12563652.jpg



a0155815_17375514.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-07-31 19:19 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< アンディ・ウォーホルのカシェ「...      コンテンポラリー・アーテイスト... >>