ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 31日

ホルスト・ヤンセンの肖像画シリーズ「Buchhandlung Hermann Laatzen:91」(1967)

a0155815_18202252.jpg

ホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)は1966年から1971年にかけてハンブルクの書肆ヘルマン・ラーツェン(Buchhandlung Hermann Laatzen, Hamburg)発行の廉価販売の案内のために様々な作家の肖像画を描いており、それらは亜鉛版エッチングによる大小二種類ポスターとしても発行されている。91号の表紙は、ドイツ、ワイマール生まれの小説・劇作家クリスティアン・アウグスト・ヴルピウス(Christian August Vulpius, 1762-1827)。彼の妹クリスティアーネ・ヴルピウスは1788年7月、最初のイタリア旅行から戻った直後のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe, 1749-1832)のもとを訪れ、イェーナ大学を出ていたアウグストの就職を依頼する。ゲーテは彼女を見初め愛人とし、後に自身の住居に引き取って内縁の妻とする。1806年籍を入れる。アウグストは1790年にワイマールに帰郷し、そこで職を得る。1797年、再びゲーテの計らいでワイマール図書館に司書として採用され、1806年、主任司書となる。新聞紙のような酸性紙が使われているため、経年による変色が出ている。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Prospektumschlag:Christian August Vulpius
●技法:Strichätzung(Zinkätzung)
●画寸:231x170mm
●発行:Buchhandlung Hermann Laatzen, Hamburg
●制作年:1967
a0155815_18203458.jpg

a0155815_19582780.jpg

a0155815_15585051.jpg

a0155815_12391695.jpg
図版:アウグスト・ヴルピウスの肖像画(部分)。1825年頃にゲーテお抱えの画家ヨーゼフ・シュメラー(Johann Joseph Schmeller (1796-1841)によって描かれたもの。
[PR]

by galleria-iska | 2012-10-31 18:59 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)


<< ホルスト・ヤンセンの肖像画シリ...      ホルスト・ヤンセンの肖像画シリ... >>