ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 28日

マリオ・アヴァティの年賀状「Galerie Sagot-Le Garrec」(1968)

a0155815_1652975.jpg

長谷川潔や浜口陽三と並び称されるメゾチントの名手、マリオ・アヴァティ(Mario Avati, 1921-2009)が、メゾチントを始めてから10年経った1967年にパリの版画専門画廊サゴ‐ル・ガレック画廊(Galerie Sagot-Le Garrec)の1968年の年賀状として制作したもの。水の女神エウリュノメとゼウスの愛の結晶である三姉妹が輪舞する「三美神(Les Trois Grâces)」を描いたものではないかと思われるが、アヴァティは、古典的な構図に倣いつつも、多くの巨匠が描いたような理想化された優美な裸体表現には向わず、新しい年を祝うに相応しい、輝き、喜び、花盛りといった寓意性に着目し、この主題を取り上げたようだ。静謐な画面を特徴とするメゾチントには意外かもしれないが、アヴァティはこの作品で、輪舞する三美神の肢体や巻き髪にキュビスム的な造形を取り入れることで、長谷川潔や浜口陽三の作品には見られない躍動感やリズム感を生み出している。

●作家:Mario Avati(1921-2009)
●種類:Greeting card(Cartes de vœux)
●サイズ:125x151mm(125x302mm)
●技法:Mezzotint(Manière Noire)
●紙質:BFK Rives
●発行:Galerie Sagot-Le Garrec, Paris
●制作年:1967
a0155815_16111184.jpg

a0155815_1610037.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-12-28 15:21 | その他 | Comments(0)


<< レイモン・サヴィニャックの招待...      ホルスト・ヤンセンの絵草子「L... >>