ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 18日

エリック・デマジエール個展招待状「Erik Desmazières Etchings 1982-1991」(1991)

a0155815_18225597.jpg

アメリカの版画商アンドリュー・フィッチ(Andrew Fitch)氏は、フィリップ・モーリッツ(Philippe Mohlitz, 1943-)と同様、現在のフランスを代表する銅版画家エリック・デマジエール(Érik Desmazières(1948-)(註;1)の才能を早くに見い出し、個展を開催すると共に、版画目録(Catalogues raisonnés)(註:2)の編纂を行なっている。これは彼の画廊(Fitch-Febvrel Gallery, New York)で二巻目の版画目録(Erik Desmazières:Etchings 1982–1991の出版に合わせて開催された個展のレセプションへの招待状である。表紙には、版画目録と同様、パッサージュ・シリーズのひとつで、1826年に建てられたガラス天井と美しい市松模様の床のある透り“ギャルリー・ヴェロ=ドダ”を、うねるような動きを見せる建築構造物として描いた作品「Galerie Vero-Dodat, 1989, Etching, aquatint and roulette)」が使われている。

日本でのデマジエールの認知度はそれほど高いとは言えないが、19世紀から現代までのフランス絵画を専門とする千葉市の下総屋画廊によって定期的に個展が開催され、2010年には 町田市立国際版画美術館で「常設展 デマジエールの迷宮世界」が開催されるなどして、序々にファンを獲得しているようである。

●作家:Érik Desmazières(1948-)
●種類:Invitation
●技法:Offset
●サイズ:127x176mm(127x352mm)
●発行:Fitch-Febvrel Gallery, New York
●制作年:1991
a0155815_18241663.jpg


註:
1:仏領インドシナのハノイに生まれた版画家で画家のジャン・デルプク(Jean Delpech, 1916-1988)の工房の門下生のひとりとして、フィリップ・モーリッツ(Philippe Mohlitz, 1941-)やイヴ・ドアレ(Yves Doaré, 1943-)、フランソワ・ウータン(François Houtin, 1950-)、アントニオ・セグイ(Antonio Segui, 1934-)らと同じようにデルペクの夜間教室で版画技法を学んだエリック・デマジエール(Érik Desmazières(1948-)は1948年、フランスの外交官の息子として、赴任先のモロッコ王国の首都ラバト(Rabat)に生まれる。幼い頃からデッサンの素養を見せたが、外交官になるべくフランス屈指のエリート校であるパリ政治学院(Insitut d'Etudes Politiques de Paris )入学。1971年に卒業し、パリ建築大学(École spéciale d'architecture Paris)に数ヶ月間通うが、建築家になるのを諦め、デルペクの夜間教室(クラスメートに銅版画家のウータンがいた)に通う。ただ多くのことを独学で学び、エッチングとアクアチントに恐ろしいほど精通する。そのことをデマジエールの代理人である版画商のアンドリュウ・フィッチは次ぎのように言っている:"Like so many great printmakers, he has learned by doing"。1972年、モーリッツに励まされ銅版画家になる決心をする。1978年に《Grand Prix des arts de la ville de Paris pour la gravure》を受賞し、フランス版画協会会員となる。

2:フィッチ=フェブレル画廊が出版したデマジエールの版画目録は以下のとおり:
Tome I:Etchings 1972–1981, Fitch-Febvrel Gallery, 1982. 72 pages, with 68 b/w illustrations.(234 x 255mm).
Tome II:Etchings 1982–1991, Fitch-Febvrel Gallery, 1992. 64 pages, with 73 b/w illustrations(234 x 255mm).
Tome III:Etchings 1991–2001, Fitch-Febvrel Gallery, 2002.72 pages, with 68 b/w & 4 color illustrations(234 x 255mm).
Tome IV:Prints 2001–2011, Fitch-Febvrel Gallery, 2011. 72 pages, with 46 b/w & 14 color illustrations(234 x 255mm).
[PR]

by galleria-iska | 2013-01-18 19:56 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< エリック・デマジエール個展招待...      ヒプノシスの作品集「The W... >>