ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 18日

エリック・デマジエール個展招待状「Erik Desmazières Recent Works on Paper」(1994)

a0155815_205640.jpg

1913年に第1回アーモリー・ショー(Armory Show)が開催されたレンガ造りの歴史的建造物(第69連隊の兵器庫)を会場に毎年11月に開催される国際的な版画見本市であるニューヨーク・プリント・フェアーでの展示に続き、1994年11月19日から12月30日にかけてニューヨーク市のフィッチ=フェブレル画廊(Fitch-Febvrel Gallery)で開催されたフランスの銅版画家エリック・デマジエール(Érik Desmazières, 1948-)の近作展のレセプションへの招待状。この個展にはエッチングの大作が何点も出品され、ことに17世紀のフランスの版画家ジャック・カロ(Jacques Callot, c1592-1635)の生誕400年に因んでであろうか、カロが1630年に制作した「聖アントワーヌの誘惑(La Tentation de Saint-Antoine)」を忠実に再現した同名の作品「La Tentation de Saint-Antoine, 1993-94. Etching, aquatint and roulette in two colors」が話題を呼んだ。招待状の表紙には作家が何度も画題として取り上げている版画工房のルネ・タゼ(Atelier René Tazé, Paris)(註:1)の内部を描いた1メートルを超える大作「L'Atelier Rene Taze VI, 1993. Etching, aquatint and roulette)が、裏表紙には、「聖アントワーヌの誘惑」の試し刷り(Trial proof)に水彩とグアッシュで彩色を施したものが使われている。

●作家:Érik Desmazières(1948-)
●種類:Invitation
●技法:Offset
●サイズ:145x180mm(145x360mm)
●発行:Fitch-Febvrel Gallery, New York
●制作年:1994
a0155815_1153363.jpg

a0155815_2052535.jpg

a0155815_2051614.jpg


註:
1.ルネ・タゼ工房を描いた作品は、1975年から2006年までに計七点制作されている。幾つかを図版で紹介する。

a0155815_17493076.jpg
L'Atelier René Tazé III, 1981
a0155815_17494263.jpg
L'Atelier René Tazé V, 1992-1993
a0155815_1749561.jpg
L'Atelier René Tazé VII, 2006
[PR]

by galleria-iska | 2013-01-18 20:07 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< エリック・デマジエール個展招待...      エリック・デマジエール個展招待... >>