ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 13日

アールデコのデザイン(1)「Dutch Moderne-Graphic design from De Stijl to Deco」(1994)

a0155815_18121561.jpg

ご存知のようにアール・デコは、1925年の4月から11月にかけてパリで開催された「現代装飾美術・産業美術国際博覧会(Exposition Internationale des Arts Décoratifs et Industriels modernes)」の略称であるアール・デコ博を由来とする呼称であり、フランスを中心とするヨーロッパやアメリカにおける工芸・建築・絵画・ファッションなどの分野に広く波及した装飾美術の様式である。1925年様式(Le Style 1925)ともいわれ、昭和初期の日本にも影響を及ぼしている。アール・デコのデザインというと、歴史的建築や高価な装飾品といった時代を象徴するような遺産に目が行きがちであるが、当時の人々の身近にあった日用品の中にもアールデコのデザインのエッセンスを感じるものが数多く存在している。ただ、それらの多くが消費され捨てられる運命にあることから、これまで見過ごされてきた感があるのは否めない。サン・フランシスコにある出版社、クロニクル・ブックス(Chronicle Books)から"Art Deco Series"と銘打って刊行された、アール・デコのグラフィック・デザインに焦点を当てたシリーズは、1920年代初頭から第二次世界大戦が始まるまでのイタリア(1993年8月刊)、オランダ(1994年4月刊)、日本(1996年4月刊)、フランス(1996年11月刊)、スペイン(1997年9月刊)、イギリス(1998年5月刊)、ドイツ(1998年9月刊)のアール・デコのデザインを国別に取り上げ、コンパクトに纏められた解説と豊富なカラー図版によって、その国の文化や市民生活とどのように関わっていたのかを知ることが出来るばかりでなく、その国独自の傾向も併せて知ることが出来る、なかなか興味深いシリーズである。価格も$17.95と手頃である。アール・デコに特別関心を持っている訳ではないが、よく通った書店のセールで見つけ、そのデザインの多様性に興味を覚え、オランダ、フランス、スペイン編を購入した次第。当時はまだイギリスとドイツは刊行されていなかったと思う。

●種類:Design
●題名:Dutch Moderne-Graphic design from De Stijl to Deco
●著者:Steven Heller & Louise Fili
●サイズ:204x223mm
●技法:Offset
●発行:Chronicle Books, San Francisco
●制作年:1994

a0155815_1184032.jpg
a0155815_1185096.jpg
a0155815_1185931.jpg

a0155815_11355610.jpg

a0155815_18122388.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-04-13 18:05 | その他 | Comments(0)


<< アールデコのデザイン(2)「F...      菅井汲の年賀状「Bonne e... >>