ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 06日

平和のワイン「Ogata Yosin」(2007)

a0155815_19424792.jpg

1948年、宮崎県は都城市に生まれた緒方良信(Yoshin Ogata, 1948-)氏は、生命の源である水をテーマに作品を制作している画家で彫刻家である。その活動は日本よりもイタリアで多くのことが成されているようで、経歴を見ても、ミラノ・ブレラ芸術大学彫刻科マッシーナ教室、フィレンツェ芸術大学ガッロ教室、ローマ美術大学エミリオ・グレコ教室に学び、1975年にカラーラ芸術大学彫刻科ティコ教室を卒業し、カラーラ国際絵画グラフィックコンクールの一等賞受賞を皮切りに、ファッツィーニ賞など数々の賞を受賞、とある。奇しくも前回取り上げたコロンビアを代表する画家で彫刻家のフェルナンド・ボテロ(Fernando Botero, 1932-)と同じ2007年、日本人としては三人目となる“平和のワイン(Vino della Pace)”のラベル(エティケット)のデザインを依頼され、彫刻作品にもしばしば登場する雫と波紋を用いた作品を制作。ワインを連想させる赤い液体の雫が流れ落ち、波紋を生み出す姿を表現している。しかしそれは単なる平面作品に終わらず、エンボッシングによる凹凸が画面に彫刻のような立体感や質感を生み出し、黒く固まった溶岩の上に新たに滴り落ちる、地球という大地そのものを生成するマグマのような表情も見せている。サインとともに、落款が押されており、作者は、単なるデザインではなく、自己の作品であることを証明している。

●作家:Yoshin Ogata(1948-)
●種類:label(英),etiquetta(伊),etiquette(仏)
●サイズ:130x190mm
●技法:Lithograph + embossing
●発行:Cantina Produttori Cormons
●制作年:2007
a0155815_19425729.jpg
a0155815_1943675.jpg
         ラベル(エティケット)の裏側
[PR]

by galleria-iska | 2013-03-06 19:29 | ヴィーノ・デッラ・パーチェ | Comments(0)


<< アントニ・タピエス展の招待状「...      平和のワイン「Fernand ... >>