ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 11日

浜口陽三展の招待状「Galerie Ditesheim」(1979)

a0155815_2128712.jpg

カラー・メゾチント技法の開拓者として知られる銅版画家の浜口陽三(Yozo Hamaguchi, 1909-2000)は、かつて単位面積あたりの価格が世界で最も高い作家と言われ、“さくらんぼ”の実ひとつに50万円以上の値が付く時もあった。それにはアメリカの画廊が一役買っていると言ったら御幣があるかもしれないが、オランダ国内では無名の存在に近かったエッシャー(Maurits Cornelis Escher, 1898- 1972)をアメリカに紹介し大成功を収めたヴォーパル画廊(Vorpal Gallery)によるモノポリーにその一因があるのではないかと思われる。

1978年、すでにメゾチント作家として国際的に評価されていた浜口であるが、東京の南天子画廊が版元となり、パリのフィアック(Fiac '78)で発表された6点組の版画集「Hamaguchi's six original color mezzotints」が評判を呼び、翌年、フランスとの国境近くに位置するヌシャテル湖畔の風光明媚な街、ヌシャテルにあるディテシェイム画廊(Galerie Ditesheim, Neuchâtel)で、1954年から1979年にまでに制作したメゾチント作品による回顧展が開催されている。これはそのヴェルニサージュ((Vernissage)への招待状。表紙にはこの画廊が版元となったカラー・メゾチントの作品「Papillon orange」(150x60mm Ed.75)が使われている。

●作家:Yozo Hamaguchi(1909-2000)
●種類:Invitation
●サイズ:210x149mm(210x297mm)
●技法:Offset
●発行:Galerie Ditesheim, Neuchâtel
●制作年:1979
a0155815_21281766.jpg


a0155815_1955393.jpg
こちらはフィアックで発表された版画集「Hamaguchi's six original color mezzotints」のイメージを用いて作られた1979年のカレンダー。南天子画廊発行
a0155815_196766.jpg
a0155815_1961765.jpg
a0155815_1963257.jpg
a0155815_1964118.jpg
a0155815_1965010.jpg
a0155815_1971321.jpg

a0155815_11524465.jpg

a0155815_1972368.jpg



a0155815_21311321.jpg
こちらは1979年に南天子画廊から出版されたカラー・メゾチントの作品「赤い毛玉(Red yarn)」を用いた年賀状。114x75mm(114x150mm)
a0155815_2131332.jpg

a0155815_21504276.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-05-11 12:09 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< キース・ヘリングのポスター「T...      横尾忠則の写真集「Tokyo ... >>