ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 29日

パウル・ヴンダーリッヒの挿絵本「The Song of Songs Which is Solomon's」(1970)

a0155815_19213932.jpg
a0155815_19214888.jpg
a0155815_1921568.jpg


町田市立国際版画美術館(Machida City Museum of Graphic Arts)でヴンダーリッヒの版画展が始まり、同美術館のウェブサイトの案内に展覧会のリーフレット(出品作品リスト付)がアップされた。今回の展覧会には、初期の版画集のひとつ「レダ(Leda)」(1962)や案内に使われている挿絵本「ソロモンの雅歌(Das Hohe Lied des Salomo)」(1969)、また、コンプリートではないが、版画集「黄昏(Twilight)」(1971)を中心に、39点が出品されている。好みとする作品が少ないのは残念だが、何か新しい発見もあるかも知れない。ただ、ここ十年あまり上京する機会を得ておらず、天からの思し召しを待つしかない。

手元に「ソロモンの雅歌」があるので、画像をアップする。

●作家:Paul Wunderlich(1927-2010)
●種類:Portfolio
●題名:The Song of Songs Which is Solomon's(Das Hohe Lied des Solomo)
●サイズ:652x509mm
●技法:Lithograph
●限定:480
●紙質:B.F.K. Rives
●発行:Aquarius Press, Baltimore
●印刷:Atelier Désjobert, Paris
●制作年:1970
●目録番号:C.R.359-368
a0155815_19261572.jpg

a0155815_19341926.jpg

a0155815_19263452.jpg
a0155815_19264379.jpg
a0155815_1927073.jpg
a0155815_19271262.jpg
a0155815_19272076.jpg
a0155815_1927284.jpg
a0155815_19273677.jpg
a0155815_19274514.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-06-29 20:28 | その他 | Comments(2)
Commented by bigfly at 2013-06-30 17:56 x
こんばんは。
ヴンダーリッヒの作品は他にはない唯一無二のイメージがありますね。
随分前に東京の三鷹市美術ギャラリーという所での「ヴンダーリッヒ展」で初めてオリジナルを見て興味を持ちました。
版画レゾネと「METAMORPHOSEN」という小さな画集を購入しましたが、いいオリジナル作品はなかなか手が出ませんね…。
Commented by galleria-iska at 2013-06-30 22:58
こんばんは。bigflyさん。コメントありがとうございます。わたしは学生の時に読んだ「幻想芸術の世界」(坂崎乙郎著)がきっかけで、不気味さとエロティックが交じり合うヴンダーリッヒの作品に興味を持つようになりました。オリジナル作品との最初の出会いは、1980年に西武美術館で開催された「ヴンダーリッヒ展:夢とエロスの錬金術」でした。その頃は版画でさえ手にすることができるとは思っていませんでしたが、数年後に購入したリトポスターがきっかけで、版画の購入を考えるようになりました。この挿絵本(デラックス版)を購入した頃がヴンダーリッヒの版画が一番高かったのではないかと思います。当時の価格は12000ドイツ・マルク(DM=90円)でした。現在は5000ドル($=100円)ぐらいかと思います。bigflyさんお持ちの画集「Metamorphosen」に付けられた4種類のリトグラフ(Portrait I~IV)を一枚の用紙に刷り込んだものが手元にありますので、今度画像をアップします。


<< パウル・ヴンダーリッヒのリトグ...      ヴィクトル・ブローネル展の招待... >>