ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 05日

アントニ・タピエスのポスター「Kasseler Kunstverein」(1969)

a0155815_17234712.jpg

ドイツ語で“出窓”を意味するエルカー(Erker)を社名とするエルカー印刷(Erker Presse)は、美しい出窓を持った家々が建ち並ぶスイス北東部の都市ザンクト・ガレン(Sankt Gallen)に工房を構える現代美術の版画工房であり、版画(集)や挿絵本の出版も行なっている。また併設の画廊では契約作家の展覧会を定期的に開催している。同社が取り扱うのは、ヨーロッパの良質な現代美術作家たちであるが、美術界の動向とは一定の距離を置いて制作する、いわば通好みの作家たちである。その中には、スペインの二十世紀代表する現代美術作家アントニ・タピエス(Antoni Tàpies, 1922-2012)も含まれ、パリのマーグ画廊よりも早くに契約、版画や挿絵本の制作を行なっている。エルカー出版では、自社画廊での展覧会やヨーロッパ各地で開催される契約作家の展覧会のポスターも制作しているが、機械印刷を行なっていないのか、摺刷数は数百部程度と少ない。今回取り上げるのは、タピエスが現代美術の祭典のひとつであるドクメンタが開催されるヘッセン州の古都カッセル(Kassel)の芸術協会(Kasseler Kunstverein)で行なった全版画展「Antoni Tàpies. Das gesamte graphische Werk」の際に制作したオリジナルのリトポスター。友人達の名前を網のような線描で絡めた画面は、記号としての文字を抽象表現主義的な筆致として見せつつもそこに何らかの意味の存在を残すことで、新たな思考を喚起させるという、物質性を追求した絵画表現とは異なるタピエスの版画表現のスタイルを示している。文字部分を省いた限定75部の版画作品も同時に作られている。

スイスの物価が高いのは有名であるが、美術作品についても他のヨーロッパの国と比べると割高である。エルカー出版からはタイエスのポスターが何点も出版されているが、パリのマーグ画廊が出版したポスターの何倍もの価格が付けられているため、なかなか手が出せないでいた。このポスターは最近ドイツの画廊から比較的安価で入手することができたものである。因みに出版元であるエルカー出版が付けているこのポスターの現在の価格は150ユーロで、サイン入りのものは240ユーロとなっている。

●作家:Antoni Tàpies(1922-2012)
●種類:Plakat/Poster
●題名:Mes amis/My friends
●サイズ:960x680mm
●技法:Lithographie/Lithograph
●限定:400
●発行:Erker-Presse, St-Gallen
●制作年:1969
●目録番号:Antoni Tàpies. Das graphische Werk/L'Oeuvre Gravé 1947-1972.#210

a0155815_17235573.jpg


参考文献

タピエスの版画目録はMariuccia Galfettiの編纂により、エルカー出版からこれまでに以下の四冊が刊行されている:
出版社(Publisher):Erker Verlag and Barcelona, Editorial Gustavo Gili, 1984-2009.
第一巻(Tome I):TAPIES: Das Graphische Werk/L'Oeuvre Gravé, Werkverzeichnis/Catalogue Raisonné 1947-1972
第二巻Tome II):TAPIES: Das Graphische Werk/L'Oeuvre Gravé, Werkverzeichnis/Catalogue Raisonné 1973-1978
第三巻(Tome III):TAPIES: Obra Grafica/Graphic Work 1979-1986
第四巻(Tome IV):TAPIES: Obra Grafica/Graphic Work 1987-1994
[PR]

by galleria-iska | 2013-11-05 19:29 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< キース・ヘリングのマルティプル...      ベルナール・ビュッフェの招待状... >>