ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 21日

キース・ヘリングの紙袋「Pop Shop Paper Bag(Yellow, Medium)」(1986)

a0155815_13175262.jpg

1999年に亡くなった世界屈指のバッジ(Buttons)コレクター、マーシャル・レヴィン(Marshall Levin)が所蔵していたキース・ヘリング(Kieth Haring,1958-1990)のポップショップ(Pop Shop)の紙袋。通常見かけるのは白い紙袋であるが、この紙袋にはオレンジ色に染色された用紙が使われ、シルクスクリーンによる印刷にはブルー・グリーン系のインクが使われている。サイズは白い紙袋のミディアムサイズにあたる296x216mm。

興味深いのは、レヴィンが紙袋の裏側に“6/1986”と入手時期をメモ書きしていることだ。1986年6月といえば、ポップショップの開店(1986年4月19日)からまだ日も浅く、グリニッチ・ヴィレッジ (Greenwich Village) に居を構えていたレヴィンが、ヘリングのバッジを購入するためにソーホーにあったポップショップに足を運んだとしても不思議ではない。が、注目すべきは、このメモ書きが、この紙袋がポップショップの初期に使われたものである証となっている点である。この紙袋には、ビニールバッグと同じイメージが使われているが、レイアウトと配色がデザインを学んだヘリングの意図するものであったのか疑問が残る。白い紙袋と並べてみると判るのだが、この紙袋の方がイメージが若干小さい。その僅かな差でもイメージがずっと小さく見えてしまうのだが、さらに地のオレンジ色が強過ぎて、イメージが背景に沈んでしまい、ポップショップの顔として描かれたイメージをインパクトのないものにしてしまっている。それが理由で白い紙袋に変更あるいは統一されたのだとしたら、この紙袋の使用期間は1986年のごく一時期に限られることになり、もしそうであれば、紙物マニアの心をくすぐるものになると思うのだが...。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Paper bag
●サイズ:296x216mm
●技法:Silkscreen
●発行:Keith Haring for Pop Shop, New York
●制作年:1986
●来歴:Excollection Marshall Levin(19??-1999)
a0155815_1318884.jpg

a0155815_1320521.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2014-04-21 19:29 | キース・へリング関係 | Comments(0)


<< ジョルジオ・モランディの銅版画...      ロイ・リキテンスタインのポスタ... >>