ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 23日

キース・ヘリングの包装紙「Pop Shop Wrapping Tissue Paper」(1980's)

a0155815_18334073.jpg
海外から入手したキース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)のポップ・ショップのビニールバッグにレシートと一緒に入っていた、ヘリング デザインの文様がプリントされた商品保護のための薄葉紙(wrapping tissue paper)。ここに描かれている様々な図形は、それ自体が作品を構成するものではなく、ヘリングが線描で描いたモチーフや背景の空間を埋める際に使われ、自然と人間が未分化の状態にある原始社会において、装飾や儀礼、悪魔や病気などから身を守る呪術的な意味を持って施されるボディペイントを思わせるが、ここでは、地紋のように、それ自体がオール・オーヴァーな画面を形成する要素として機能している。

消耗品として扱われたこの包装紙をヘリングのオリジナル・プリントとして見るには、ある種の価値変換が行なわれなければならないが、それを権威的な意味付けを待って無批判に受け入れるか、自ら能動的に価値を見い出していくのかによって、自ずとヘリング芸術の持つ意味合いが異なってくる。これまでの“信仰”とともにある生活に代わって、“芸術”とともにある生活が、日常生活に意識変革をもたらし、新たな人間革新を行なう手段となることを、ヘリングは啓示として実践していたのである。

この包装紙には、ヘリングがデザインした幾つかの缶バッチ(註1)にもあるように、灰色(銀色?)の他に、金色で印刷されたものが存在している。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Wrapping tissue paper
●サイズ:510x762mm
●技法:Silkscreen
●発行:Keith Haring for Pop Shop
●制作年:Unknown(1980's)
a0155815_18344382.jpg



註:

1.キース・ヘリングの缶バッジ(銀と金)
a0155815_18361536.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2014-06-23 20:01 | キース・へリング関係 | Comments(0)


<< サウル・スタインバーグのポスタ...      ジョアン・ミロのポスター「Ga... >>