ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 01日

アレックス・カッツ展の招待状「Robert Miller Gallery」(1981~1994)

現代美術の大御所のひとりとなったアメリカの具象画家アレックス・カッツ((Alex Katz, 1927-)は生粋のニューヨーカーで、映画のクローズアップあるいは浮世絵の“大首絵”からヒントを得たのだろうか、顔を大写しで捉えた肖像画で知られるが、彼の1980年代から1990年にかけての契約画廊のひとつであったニューヨーク市のロバート・ミラー画廊で開催された個展(註1)の招待状が幾つか手元にある。日本におけるアレックス・カッツの知名度は1988年に渋谷のシードホール(The Seed Hall)(註2)で行なわれた個展で広まったと思うが、その時作られたアダ夫人の顔の大写しの作品を用いた告知用のポスターが印象に残っている。カッツは版画家としても有名で、友人の木版画家から、彼が1980年代の初めにニューヨークの版画スタジオでアメリカ人作家の制作を手伝っていたとき、カッツが作業の様子をよく見に来ていて、木版画の技法について熱心に尋ねてきた、という話を聞いたことがある。実際、木版画制作の誘いもあったようなのだが、断ったようなことを言っていた。

●作家:Alex Katz(1927-)
●種類:Inviation
●サイズ:Various
●技法:Offset
●発行:Robert Miller Gallery, New York
●制作年:1981~1994

#1:1981年《Alex Katz: From the years 1957 to 1959》, サイズ:200x137mm(200x273mm)
a0155815_18581866.jpg

a0155815_19181127.jpg
a0155815_18575860.jpg

#2:1984年《Alex Katz: Small paintings from 1950 to the present》, サイズ:153x202mm
a0155815_1911167.jpg

a0155815_1904195.jpg

#3:1985年《Alex Katz: An exhibition of recent cutouts》, サイズ:254x202mm(254x606mm)
a0155815_1923619.jpg

a0155815_192476.jpg
a0155815_1925987.jpg

#4:1987年《Alex Katz: From the early 60s》, サイズ:145x248mm
a0155815_191250100.jpg

a0155815_19202125.jpg

#5:1993年《Alex katz: New cutoutz》, サイズ:243x127mm(243x887mm)
a0155815_1935365.jpg

a0155815_194539.jpg

#6:1994年《Alex Katz: Lamdscapes 1954-1956》, サイズ:178x209mm(355x209mm)
a0155815_1943959.jpg

a0155815_1944960.jpg


註:

1.ロバート・ミラー画廊で開催された個展は次の通り:
1979: Cutouts
1981: From the years 1957 to 1959
1984: Small Paintings from 1950 to the present
1985: An exhibition of recent cutouts
1987: From the early 60s
1993: New cutouts
1994: Landscapes 1965-1956
1997: New cutouts

2.渋谷の西武百貨店のシード館10階に設けられた多目的スペースで、1986年から1995年にかけて、現代美術の展覧会、ライヴ・コンサート、演劇、美術系映画の上映などの文化活動を営業企画部の催事として行なった。
[PR]

by galleria-iska | 2014-07-01 19:00 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< ジャン・アルプの木版画「Sol...      サウル・スタインバーグのポスタ... >>