ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 29日

キース・ヘリングの招待状「Second annual "Party of Life"」(1985)

a0155815_1201237.jpg

a0155815_1891829.jpg

建築家の磯崎新(Arata Isozaki, 1931-)の設計による改装とキース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)のダンスホールの巨大な壁画による装飾が加わり、コンサート・ホールからナイト・クラブへと変身したニューヨーク市のパラディウム(The Palladium, 126 E. 14 St. N.Y.C.)は1985年5月14日にオープニングを迎え、その月の22日にヘリングの二度目のバースデイ・パーティ(Second annual "Party of Life")が開催された。その招待状としてヘリングが親しい友人たちに送ったのが、この箱状の招待状である。とうにガタが来ている2002年製のコンパクト・デジカメ(200万画素)の買い替えを先延ばしし、やっとこさ手に入れることが出来た。

蓋の表が招待状になっており、ホールでダンスを踊る様子を描いたのであろうか、ヘリングのアイコニックな人物が隙間無く描かれた周りをパーティへの招待文(Keith Haring invites you to the second annual "Party of Life" at the Palladium - 126 E. 14 St. N.Y.C. May 22 - Wednesday - 11 pm - 1985)が縁飾りのように取り囲む。

ヘリングによる規則性のない画面構成は、奥行きが圧縮されて平面的に見えるが、M.C.エッシャーが用いたような正則分割による数学的な美とは対極にあって、重力に逆らうかのようにブレイクダンスを踊る姿を多面的に捉えたものであり、その運動エネルギーを直裁に表現しているように見える。しかし一方で、ヘリングの視点は、見る者に別の意味を投げ掛けているようにも思われる。何故なら、折り重なるように群がる人間の姿は、地獄の底から抜け出そうと、もがき苦しむ人間の姿を想像させるからである。

箱の中には、招待状と同じイメージを使ったジグソーパズル(100ピース、180x180mm)と缶バッジ(40x40mm)、それと"Free admission with Button"と記された入場案内の赤色の小さな紙片(20x70mm)が入っている。この他に、手元にはないが、同じイメージがシルクスクリーンでプリントされたタンク・トップがあり、こちらも同封されたのかもしれない。と言うのも、タンク・トップはニューヨーク市のゲイクラブ「パラダイス・ガラージ」で行なわれた第1回(1984年)から第3回(1986年)までの招待状の共通アイテムとなっているからである。

これらの招待状は、エフェメラに特有の一過性ものではなく、それぞれが実用性を兼ね備えている点でユニークな存在である。タンク・トップや缶バッジは手にした者が身に着けることで、フレームとなり、あるいは場となって、ヘリングのイメージを伝播させる役割も担っていると思われる。またジグソーパズルについては、自らの手で構図を組み立ていく行為によって作品の記憶を深化させ、完成品を額に入れて飾れば、作品として眺めることもできるのである。コレクター向けの大作を購入できなくとも、身近なところでアートを楽しむことができるという、へリングの思想を反映した活動のひとつと言えようか。

●作家:Kieth Haring(1958-1990)
●種類:Invitation
●サイズ:104x104x40mm(Box), 180x180mm(Jigsaw Puzzle)
●技法:Offset lithograph
●発行:Keith Haring, New York
●制作年:1985
a0155815_1892716.jpg

a0155815_1151538.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2014-09-29 19:05 | キース・へリング関係 | Comments(0)


<< ジャン=クロード・フォレのポス...      サルバドール・ダリの挿絵本案内... >>