ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 24日

ホルスト・ヤンセンのポスター「Pit Morell」(1969)

a0155815_15535935.jpg

ホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)が1969年にドイツのデッサン家、版画家、画家、そして詩人のピット・モレル(Pit Morell, Jean, 1939-)の個展の告知用ポスターの下絵として制作したもので、同じ年にブロックシュテット画廊(Galerie Brockstedt, Hamburg)が企画・開催した展覧会「Akt im 20. Jahrhundert」のためのポスターと同様、ヤンセンには珍しくシルクスクリーンで作られている。様式的には亜鉛版エッチングのものをシルクスクリーンに置き換えただけのものであるが、1960年代に興隆したポップアートを初めとする現代美術の作家たちにとって欠くことのできないこの技法へのヤンセンの関心を窺い知ることが出来るという点では、貴重な作品と言えるかもしれない。

1939年生まれのモレルは、戦後ドイツの幻想絵画のグループに属し、メクセペルや他の幻想絵画の作家たちと、いくつもの版画集の制作に参加している。1964年からブレーメンの東15kmくらいのところにある芸術村ヴォルプスヴェーデで制作を行なうようになったモレルは、その年、恐らくブロックシュテット画廊ではないかと思うが、一足早くヴォルプスヴェーデ(Worpswede)の住人となったフリードリヒ・メクセペル(Friedrich Meckseper, 1936-)や幻想的でエロティックな画風で知られるゾンネンシュターン(Friedrich Schröder-Sonnenstern, 1892-1982)、そしてヤンセンと出逢う。翌年、フランクフルトのシドウ画廊( Galerie v. Sydow, Frankfurt)でデッサンの初個展を開催、ヤンセンの契約画廊であるハンブルクのブロックシュテット画廊からは12点組の版画集を出版している。このことから、このポスターの下絵は恐らくブロックシュテット画廊での個展を念頭に制作されたのではないかと思われる。が、実際にはポスターは制作されなかったようである。限定数は記されていないが、Meyer-Schomann夫妻によるポスターの目録によると、約100部ほど印刷されたとある。

画面中央には、ハイヒールらしき靴によって辛うじて女性であることを想像できるが、女性らしからぬ頑強な体躯の人物が描かれており、画面右下に描かれた警察官らしき人物の後頭部あたりに、ヤンセン自身が綴ったのであろうか、「警察は(モレルの妻の)ロジ(Rosi Morell)を愛し、ロジは警察を愛する」と、何やら意味ありげな文言から始まる詞書き(詩?)が入れられている。その下に1969年3月13日の日付とヤンセンの版上サイン。ポスターにおいてレタリングは情報伝達の重要な要素のひとつであるが、ここでは意匠化され、図の一部となっているため、画面のあちこちに配置されたピット・モレルの名は、俄かには判読し難い。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Poster
●題名:Pit Morell
●技法:Silkscreen
●サイズ:411x602mm
●限定数:ca. 100
●制作年:1969
●目録番号:MS.43
a0155815_1558664.jpg
詞書きの部分
a0155815_15534476.jpg
ピット・モレル(左)とヤンセン(右)の署名




a0155815_1943237.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2015-02-24 16:43 | ホルスト・ヤンセンのポスター | Comments(0)


<< ホルスト・ヤンセンの招待状「M...      ホルスト・ヤンセンの年賀状「P... >>