ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 28日

アンディ・ウォーホル展のポスター「Andy Warhol」(1974)

a0155815_1701740.jpg

1974年に東京と神戸の大丸百貨店でアンディ・ウォーホル(Andy Warhol, 1928-1987)の日本初の本格的な回顧展「アンディ・ウォーホル展-Andy Warhol」(大丸東京店:1974年10月31日-11月12日、大丸神戸店:1974年11月14日-19日)が開催された際の告知用ポスター。これは大丸神戸店のもの。白地の用紙にシルクスクリーンで刷られており、ウォーホルが1966年に畜産動物に関する書物に掲載されていた「A good jersey head」という題の牛の頭部写真をもとに制作した版画「Cow」(F.C. II.11)を原画とする、ひとつのバリアントとして捉えられるかもしれない。と言うのも、このイメージは展示会場の壁紙としても使われており、ウォーホル側がポジフィルムを提供した可能性があるからだ。展覧会は、今世紀最大のスーパースターという謳い文句も手伝って、大きな関心を呼び、ウォーホルも展覧会に合わせて来日しているが、公的な美術館ではなく、デパートの催事場での開催であったことがウォーホルの自尊心を傷付けたようで、年譜にも展覧会歴にも記載がない。日本で生まれたこのポスターもウォーホルからは認知されておらず、いわば“父無し子”と言うことになる。

展覧会のことは東京の大学に通っていた友人から聞いたが、当時は初期フランドル美術や17世紀オランダ美術への関心の方が強く、それとは対極にあるような手法で絵画を成立させようとするウォーホルの姿勢が理解できず、上京してまで観てみたいとは思えなかった。

この展覧会によって現代美術への関心は多少なりとも高まったと言えるかもしれないが、それは未だ作品を観るという行為に留まっていて、ウォーホルや他の現代美術作家の作品を購入しよういう機運が一般にも広まるには更に10年の年月が必要であった。自分がウォーホルの作品を手にするのも丁度その頃で、最初に購入した作品は1967年にニューヨーク市のリンカーンセンターで開催された第5回ニューヨーク映画祭のポスター「Fifth New York Film Festival」であった。このポスターは1968年に開催された第2回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ( 2nd International Poster Biennale in Warsaw)の“文化芸術を促進するポスター部門(Category of posters promoting culture and art)”で金賞を受賞している。限定500部とポスターにしては少ないが、1980年代の中頃になっても未だ多くが売れ残っていて、ニューヨークの小売業者は一枚40ドル(日本円で約1万円)で販売していたように記憶する。後にプラスティッックのシートに刷られた限定200部の版画ヴァージョン「Lincoln Center Ticket」(F.C.II.19)も手にいれたが、そちらの発色は、未額装だったのも幸いして、ポスターにも増して鮮やかであった。美しいものが手元にあると心が乱れるし、それをずっと手元に留め置くには責任を伴うので、愛着が湧く前に知り合いに譲ってしまい、今はどちらも手元にない。代わりにという訳ではないが、この牛のポスターを不憫に思い、しばらく手元に置くことにした。

●作家:Andy Warhol(1928-1987)
●種類:Poster
●サイズ:1030x730mm(B1)
●技法:Silkscreen
●発行:Daimaru Department Store Kobe
●制作年:1974
a0155815_1712353.jpg

a0155815_16402585.jpg
ウォーホルの版上サイン

a0155815_15485738.jpg
図版:ウォーホル展の図録『アンディ・ウォーホル展-Andy Warhol』(朝日新聞社東京本社企画部編集)1974年、300x310mm。アメリカで開催された展覧会の図録に倣った装丁かと思うが、アルミ箔の上にウォーホルの自画像が印刷されている。



a0155815_2028232.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2015-02-28 20:30 | ポスター/メイラー | Comments(4)
Commented by 綿貫不二夫 at 2015-03-12 08:38 x
いつも興味深く拝読しています。大丸のポスターですが、複数お持ちでしたらぜひお譲りいただけませんでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。
info@tokinowasuremono.com
Commented by galleria-iska at 2015-03-12 19:36
こんばんは。ギャラリーときの忘れもの、綿貫 不二夫様、

こちらこそ、当ブログを拾い上げてくれたマンレイストさんのブログ経由ですが、いつも楽しく読ませていただいております。

さて、ポスターの件ですが、今手元に一枚しかなく、ご要望にお応えすることができません。悪しからずご了承下さい。

取り急ぎお返事まで
Commented by ときの忘れもの亭主 at 2015-03-12 23:13 x
早速のご丁寧な返信、ありがとうございました。エフェメラの魅力、その重要性を気付かせてくれる毎回のエッセイにいつも感銘しています。私どものブログの石原さんの連載はまだまだ続きそうですが(笑)、完結されましたら、次回のご参加、ご執筆をお願いできませんでしょうか。どうぞご検討ください。
Commented by galleria-iska at 2015-03-14 13:25
こんにちは。ギャラリーときの忘れもの、綿貫 不二夫様、
ポスターの件、お役に立てず、申し訳ありませんでした。当ブログへのアクセスはずっと二進法で推移しておりましたが、マンレイストさんの来訪以降、少ない更新にも拘わらず、少しではありますが増えました。そのようなブログに関心をお持ちいただき、その上、執筆の依頼という過分なお言葉まで頂戴し、まさに身に余る光栄です。が、エフェメラの専門家でもコレクターでもない人間が、画廊ひとつない田舎の本屋で立ち読みして得たぐらいの知識を画廊のお客様に披露するのは不遜というほかありません。折角のお話ですが、今回は、謹んでご辞退させていただきたく思います。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。


<< ニキ・ド・サンファルの招待状「...      ホルスト・ヤンセンの招待状「M... >>