ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 20日

ジェームズ・アンソールの銅版画「Le Pisseur」(1887)

a0155815_2057227.jpg

仮面の画家として知られるジェームズ・アンソール(James Ensor, 1860-1949)は、版画家としても独特の幻想世界を築き上げている。そのアンソールの版画紹介に一役買っているのは、兵庫県立近代美術館(2002年に兵庫県立美術館へ名称を変更)で、アンソールの恋人とされ、アンソールの晩年には作品の管理を行なっていたオーフスタ・ボーハルツ (Augusta Boogaerts, 1870-1950)旧蔵の版画コレクション100点(註1)を所蔵し、それをもとに展覧会が何度も開催されている。アンソールのもっとも幻想性に富んだ作品は、同時代の美術の潮流とは隔絶し、ヒエロニムス・ボス(Hieronymus Bosch, c.1450-1516)やピーテル・ブリューゲル(Pieter the Elder Bruegel, c.1525-1569)の風刺や寓意に富んだ幻想絵画に源流を持つもので、まさに異端の名に相応しい、ある種のアナクロニスムというべきグロテスクで奇怪な様式を生み出した。それゆえ版画蒐集家以外には馴染まず、版画家の故池田満寿夫(Ikeda Masuo, 1934-1997)氏が“...我が家では未だ評判悪く、私が応接間に掛けておくと、きまって数日後には女房か、義母が、陰気で気持ち悪いと、はずしてしまうのである。”と版画藝術誌41号(1984年)掲載の「アンソール 人間の愚劣さを告発」(連載・世界のエッチャー6)において語っているように、壁に飾って愉しむという人は少ないかもしれない。

初期フランドル派から17世紀オランダの画家に興味を持っていた自分は、アンソールの版画の幾つかにボスやブリューゲルの視点と似たものを感じ、サザビーズなどのオークションで何度も入手を試みたのだが、唯一手に入れることが出来たのは、オーフスタ・ボーハルツ旧蔵の『Le Pisseur(立小便をする人)』という、アンソールの作品の中でも異彩を放つ銅版画一点のみであった。今から四半世紀余り前のことである。絵葉書ぐらいの小品なので、額装はせず、時折ケースから取り出して眺めたりするのだが、最近、ふと現在の価値を知りたくなり、オークションの記録を辿っていたところ、にわかに信じられない記録に出くわした。それは、2014年3月19日にクリスティーズ(Christie's)のロンドンのキング・ストリートの会場で行われた売り立て(註1)に現れ、評価額£2,000~£3,500のところ、評価額の下限の五倍となる£10,000(日本円で約169万円)で落札されたのである。この売り立ては、画廊が建ち並ぶパリのセーヌ通りに居を構え、ポール・デルヴォーの契約画廊として知られるGalerie Le Bateau Lavoirの画廊主、故ミラ・ヤコブ女史(Mira Jacob Wolfovska, 1912–2004) が蒐集したアンソールの版画コレクションで、『Le Pisseur(立小便をする人)』はその内の一点であった。ヤコブ女史のコレクションの内、画廊関係のものは『Collection Mira Jacob. Galerie le Bateau-Lavoir/Bailly-Pommery-Voutier & associes Sotheby's』(註2)として、既に2004年に、パリのサザビース(Sotheby's)で売り立てに掛けられているが、2014年の売り立ては、アンソールの版画作品に絞ったもので、アンソールの版画作品のほぼ全てを網羅しており、アンソールが1886年から1931年にかけて制作した、稀少性の高いものや初期の段階の刷り、また手彩色を加えたものなど、全161点。手持ちのものも、ヤコブ女史のコレクションと同じとまではいかなくとも、それなりの評価が与えられる(?)かもしれない。

『立小便をする人』の構図は、レンブラントにも影響を与えたフランス・バロック時期を代表する版画家ジャック・カロ(Jacques Callot, 1592-1635)の1620年頃の素描をもとにしており、また、小便をする人物の風体と壁に描かれた落書きは、カロと同じナンシー出身のフランス19世紀の諷刺画家グランヴィル(J.J. Grandville,1803- 1847)が1845年に刊行した『百の諺(Cent Proverbes)』所収の"Artist drawing his name on a graffti-covered wall"に想を得ていると言われ、諷刺画的要素を多く含んでいる作品なのである。アンソールはこの作品で、壁に書かれた落書き"Ensor est un fou(アンソールは気狂いだ)"という自嘲的で逆説的な言葉に象徴されるように、属する絵画グループや批評家といった周囲の無理解や嘲笑にさらされる自己の立場を投影し、自分の前に立ちはだかるその壁に対し、小便を引っ掛けるという侮蔑的な行為によって、自らの真情を表わしているように見える。この版画が制作された1887年以降、アンソールは自らの作品のうち幾つかを“幻想、グロテスク、魔術、しかめ面、支離滅裂、幻影”と称するようになる。

●作家:James Ensor(1860-1949)
●種類:Print
●題名:The Pisser (Le Pisseur) or A Man of the People (Un Homme du Peuple)
●サイズ:152x109mm
●技法:Etching
●紙質:Simili-Japon
●制作年:1887
●目録番号:Delteil, Croquez, Taevernier, Elesh 12
●来歴:Ex-collection: Augusta Boogaerts
a0155815_21235130.jpg
画面右下のマージンに署名と年記。画面左下のマージンに題名『Le Pisseur』が入れられているものもある。
a0155815_20573215.jpg
シート裏側:アンソールの副署(countersign)
a0155815_21241242.jpg
これも自画像であろうか。その上には、かろうじて"MEROE/ SECRETE MAISON"と読める書き込みがあるが、その意味するところは不明である。


註:

1.
a0155815_11513886.jpg
兵庫県立近代美術館(当時)が1981年に一括購入したオーフスタ・ボーハルツ旧蔵の100点の作品を中心に企画され、1999年に名古屋市美術館で開催された『歿後50年アンソール版画展-兵庫県立近代美術館所蔵旧ボーガルツ・コレクションより』の図録。発行:名古屋市美術館/中日新聞社/中部日本放送、1999年、79ページ、252x182mm

ボーハルツについては、ベルギーの美術史家ポール・ハザルツ(Paul Haesaerts)が1957年に著した『ジェームズ・アンソール(James Ensor)』(Elsevier, Bruxelles, 1957)の中で語られているが、それをもとにした記述がクリスティーズの競売カタログにあったので引用しておく:
Augusta Boogaerts (1870-1950) became Ensor's closest companion from about 1888 and remained close to him until his death. She never lived with him, yet she was the only woman, apart from his mother and sister, with whom he was on intimate terms. He nicknamed her 'La Sirène'. She was the daughter of an Ostende hotel owner and first met Ensor when he was 28 and she was 18. At the
time she was working as a salesgirl in the Ensor family's souvenir shop. Both their families opposed the liason and although Augusta wanted to marry Ensor she was never able to persuade him into
marriage. In an attempt to end the relationship her family sent her away for a period to England to study. Later on during her life she was to be away from Ensor for long periods as her profession of governess took her to France, Germany, Russia and other countries. But these absences only seemed to strengthen their relationship. She apparently was a strong willed character with a ready and caustic sense of humour which complimented Ensor's own personality.

In later years Augusta virtually became Ensor's studio manager when he was finally receiving the
critical recognition that was due to him and when his own energy was flagging. She supervised his production by arranging models and subjects for him to draw or paint. She made an inventory of
his studio, promoted the sales of his work and took decisions on the printing of his etchings.

The nature of their relationship is indicated by the story of the occasion when Ensor, expecting
Augusta to call at the studio, went out leaving a note 'N'emporte rien, j'ai tout compté'. On his
return he found the reply 'Ne compte rien, j'ai tout emporté'. Ensor was always discreet in referring to La Sirène in his notes and letters and in his paintings. However he did execute the celebrated
Double Portrait of 1905 depicting Augusta Boogaerts seated looking with an enigmatic smile at the figure of Ensor who is reflected in a mirror (see P. Haesaerts, James Ensor, 1957, no. 372, repr. p. 347). Photographs of her are reproduced in Haesaerts, op. cit., p. 347, and G. Ollinger-Zinque, Ensor par lui-même, 1976, pls. 18 and 22. Ensor died in November 1949 and she survived him by only
a few months.


またアンソールの版画の出版事情については、以下のように記されている(以下引用):
It was in 1899 with the special issue of La Plume devoted to him that Ensor's work began to
receive critical acclaim. Up to that time his prints had no ready sale, and so relatively few
impressions were taken. It was then that Ensor and Augusta Boogaerts began to issue the
editions printed on simili-Japan of medium or large size, each print generally being counter-
signed on the reverse.

用紙サイズは大型の作品については約480x350、小品は約300x240mmものが使われたとある。

2.売り立ての案内:
"James Ensor Prints: The Mira Jacob Collection" (Sale 10225, Lot 92), March 19, 2014.
The Mira Jacob Collection is one of the most complete collections of prints by James Ensor
in private hands. Comprising 161 prints dating from 1886 to 1931, the collection is almost
comprehensive, including all the major subjects, often in early states or extensively hand-
coloured, as well as some of the rarest prints in the artist’s oeuvre.

3.売り立て目録と案内:
"Collection Mira Jacob. Galerie le Bateau-Lavoir/Bailly-Pommery-Voutier & associes Sotheby's"
a0155815_11255442.jpg

Sotheby's, Paris, 2004. Soft Cover. Text in English and French.
The sale catalog for an auction held at Sotheby's Paris on September 23- 24, 2004. The gallery
Le Bateau-Lavoir opened on the Rue de Seine in Paris in 1955. Mira Jacob had close relationships
with a number of artists including Paul Delvaux, for whom she both published prints and wrote
the catalogue raisonne of his graphic work. This sale included artworks not seen since the 1950's
and 60's when Jacob acquired them. Works by most of the surrealists. 330 lots in the sale. All
illustrated in color.

[PR]

by galleria-iska | 2015-04-20 17:25 | その他 | Comments(0)


<< ハンス・ベルメールのポスター「...      エッシャーの切手「75th A... >>