ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 24日

アンデイ・ウォーホルのポスター「Warhol verso de Chirico」(1982)

a0155815_1833318.jpg

'Isn't life a series of images that change as they repeat themselves?' (Andy Warhol):人生って云うのは、繰り返すようにして変わっていく映像なんじゃないのかな(アンデイ・ウォーホル)

形而上絵画の画家としてダダイスムやシュルレアリスムに影響を与えたイタリアの画家で彫刻家のジョルジオ・デ・キリコ(Giorgio de Chirico. 1888-1978)の展覧会「ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰-」が昨年、日本各地を巡回した。展覧会は観ていないが、会期中の11月23日に、NHKがそれに関連する番組「-謎以外の何を愛せようか-ジョルジョ・デ・キリコ」を“日曜美術館”で放映したのを観た。デ・キリコの変遷の背景を探る中から見えてきたのは、時代の趣味と権威に翻弄されたデ・キリコの姿であった。しかしながら、デ・キリコの言動からは彼の懊悩は窺い知れず、果たして真相はどうなっているのか謎のままである。前回取り上げたマグリットは1920年代にデ・キリコの作品「愛の歌」の複製を見て、“涙を抑えることができない”ほどの感銘を受け、シュルレアリスムに向かうことになったのだが、そのキリコは、1919年のイタリアでの最初の個展を、カラヴァッジオ(Michelangelo Merisi da Caravaggio, 1571-1610)やピエロ・デ・フランチェスコ(Piero della Francesca, c. 1415-1492)の研究で知られる20世紀イタリアを代表する美術史家で美術批評家のロベルト・ロンギ(Roberto Longhi, 1890-1970)に酷評され、1921年のミラノで初の個展も成功とは云えなかった。マグリットが「愛の歌」の複製を目にしたかもしれない1925年、皮肉にもパリで開催された個展で、詩から霊感を得た古典的な絵画がイタリアやーロッパの批評家から高い評価を得たことで、形而上絵画を放棄し、ルネサンスからバロックに掛けての古典絵画に傾倒することとなる。デ・キリコのこの態度は、何を選択するかという嗜好は別として、意味あるものは繰り返されなければならない、という真理を得たのかもしれない。そういう意味で、ポップ・アートの先駈けと言えなくもない。ウォーホルが言うように、繰り返すことによって人はそのイメージを記憶し、また意味を知ることになるのだ。

後年の作品(初期の作品のヴァリアントや複製)の評価に一石を投じることとなった展覧会(註1)のポスター。アンディ・ウォーホル(Andy Warhol, 1928-1987)がデ・キリコの「アリアドネとイタリア広場(Andy Warhol:Italian Square with Ariadne、1982」をもとに制作した作品が使われているが、ウォーホルのオリジナル・デザインではない。デ・キリコの作品とデ・キリコの作品をもとに制作されたウォーホルの作品を展示するという展覧会は、ローマの中心にあるカンピドーリオの丘にあるコンセルバトーリ宮殿内の「オラツィとクリアツィの間(Sala degli Orazi e Curiazi )」で開催された。ウォーホルは、複製や反復という概念を作品制作にいち早く持ち込んだポップアートの先駈け的存在として、デ・キリコを高く評価しているが、これはアンドレ・ブルトンがシュルレアリスムの思想の具体的な事例を示すために行なった方法と相通ずるところがある。
a0155815_1834488.jpg


デ・キリコは1974年、イタリア系アメリカ人の事業家でデ・キリコとウォーホルのコレクターであったカルロ・ビロッティ(Carlo Bilotti)の計らいで、ポップ・アーティストのウォーホルとイタリア大使館で催された夜会で出会っている。その出会いはギリシャ、ローマを起源とするヨーロッパ文化と新生のアメリカ文化との邂逅tでありリンクとも言えるかもしれない。その4年後の1978年、デ・キリコの死を切っ掛けに、ビロッティはウォーホルにデ・キリコの形而上絵画をもとにした一連の作品の制作を依頼、1982年の展覧会となった。展覧会はその後、ドイツのハンブルクにあるカマー画廊(Galerie Kammer, Hamburg)に巡回している。デ・キリコやウォーホルを初め、ジャコモ・マンズーやラリー・リヴァースの作品からなるビロッティ・コレクションはすべて寄贈され、現在は、ヴィッラ・ボルゲーゼ内にある「アランチェーラ(オレンジ栽培温室)」から美術館に生まれ変わった「カルロ・ビロッティ美術館(Museo Carlo Bilotti Aranciera di Villa Borghese)」に収蔵され、観光名所のひとつとなっている。

●作家:Andy Warhol(1928-1987)
●種類:Poster
●サイズ:980x680mm
●技法:Offset
●発行:Electa Editrice, Milano
●印刷:Fantonigrafica, Venezia
●制作年:1982
a0155815_184068.jpg
a0155815_1841368.jpg




註:

1.
a0155815_1826560.jpg
図版:展覧会の図録、1982年。Oliva, Achille Bonito. WARHOL verso DE CHIRICO. 70 pages, including 20 color, and 20 b&w plates. 22x24cm, cloth. Milan, Electa, 1982.
[PR]

by galleria-iska | 2015-07-24 18:36 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< フィリップ・モーリッツの銅版画...      ルネ・マグリットのポスター「G... >>