ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 02日

菅井汲の挿絵「October: The Silence」(1970)

フランス生まれの詩人ナサニエル・ターン(Nathaniel Tarn, 1928-)は、アメリカ合衆国に移住した1970年、イタリア ミラノの画廊(Galleria M'Arte)の出版部門(M'Arte Edizioni)が現代美術の作家と詩人とのコラボーレーションとして発行している詩画集のシリーズの一冊として、『October:the silence(10月:静けさ)』を発表するが、その詩に添える挿絵として、菅井汲(Kumi Sugaï, 1919-1996)が二点のリトグラフを寄せている。菅井は1950年代から60年代にかけて、自己のアイデンティティを形成した日本的風土や、それに寄り添うプリミティブなものを題材にした作品を数多く制作しているが、1968年に制作した「Soleil Vert(緑の太陽)」を機に、太陽をシンボリックに表現する試みとして真円を用い始め、それに陰影を施すことで球体を表現する作品を幾つも創り出している。挿絵として制作された二点のリトグラフにもこの球体が描かれており、それと直線によって構成された人工的な構造物と見なされる幾何学的な図形によって、菅井が目にしたであろう光景、あるいはその記憶を、より純粋で無機的とも思える記号に還元することで、その造形性を際立たせている。

リトグラフの刷りは、1896年に石版画とクロモリトグラフ(註1)と呼ばれる多色刷石版画の優れた刷り師であったオーギュスト・クロ(Auguste Clot, 1858-1936)によって設立されたパリの古い石版画工房クロ(Atelier Clot, Paris)を受け継ぐ、デンマーク人刷り師(Peter Bramsen)と創業者の孫(Docteur Guy Georges )によって設立された出版工房《Editions Atelier Clot, Bramsen & Georges, Paris》で行なわれている。

a0155815_1974570.jpg

●作家:Kumi Sugaï(1919-1996)
●種類:Print
●題名:October: The Silence(1)
●技法:Lithograph
●サイズ:380x285mm
●限定:106
●発行:M'Arte Edizioni, Milan
●印刷:Clot(Bramsen & Georges), Paris
●制作年:1970
●目録番号:No.155

a0155815_19101278.jpg

●作家:Kumi Sugaï(1919-1996)
●種類:Print
●技法:Lithograph
●題名:October: The Silence(2)
●サイズ:380x285mm
●限定:106
●発行:M'Arte Edizioni, Milan
●印刷:Clot(Bramsen & Georges), Paris
●制作年:1970
●目録番号:No.156

a0155815_19221039.jpg
ナサニエル・ターンの直筆の詩をリトグラフで印刷したもの。版上サインの他に、鉛筆で限定番号とサインが入れられている。

●作家:Nathaniel Tarn(1928-)
●種類:Poem
●題名:October: The Silence
●技法:Lithograph
●サイズ:389x285mm
●限定:106
●発行:M'Arte Edizioni, Milan
●印刷:Clot(Bramsen & Georges), Paris
●制作年:1970


a0155815_1905132.jpg
差し函(表):392x290mm
a0155815_1857252.jpg
a0155815_18571794.jpg

a0155815_19133586.jpg



註:

1. クロモリトグラフ(Chromolithograph)は、赤、青、黄の三原色混合による多色刷石版画で、点描で色を付ける。オフセット印刷の前身。19世紀後半に、図鑑や本の挿絵の印刷に使われた。版画作品などに用いられるカラー・リトグラフ(Color lithograph)と区別するために付けられた名称。
[PR]

by galleria-iska | 2015-09-02 20:20 | その他 | Comments(0)


<< 菅井汲の版画「Soleil B...      永井一正のポスター「EXPO ... >>