ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 22日

菅井汲の版画「Soleil Blanc」(1969)

a0155815_1727278.jpg

前回取り上げた菅井汲(Kumi Sugaï, 1919-1996)の挿絵「October:The Silence」の前年に制作された「Soleil Blanc(白い太陽)」は太陽を白い球体として表現した最初の作品で、版元はドイツにおける契約画廊であったハノーファーのブルスベルク画廊(Galerie Brusberg, Hannover)である。同じ年、この作品のバリアントとも言える「Soliei et Terre(太陽と大地)」(註1)という作品が、東京の美術出版社(Bijutsu Shuppan)から1970年に刊行された「菅井汲版画集」の特装版(限定100部)のために制作されているが、それに倣えば、青緑色の台形は大地を表していることになる。

菅井はここに来て、それまでのカリグラフィックな表現から脱却し、より単純なフォルムと記憶に残る色彩を用いて、自分が目にした光景を記号化していく。

●作家:Kumi Sugaï(1919-1996)
●種類:Print
●題名:Soleil Blanc
●サイズ:660x503mm
●技法:Lithograph
●限定:100
●紙質:Arches 
●発行:Galerie Brusberg, Hannover
●印刷:Michel Casse, Paris
●制作年:1969
a0155815_17275242.jpg



註:

1.
a0155815_18251811.jpg
菅井汲の版画「Soleil et Terre(太陽と大地)」、1969年、340x257mm、限定:80部、印刷:Michel Casse, Paris、発行:美術出版社、東京、1970年
[PR]

by galleria-iska | 2015-09-22 18:49 | その他 | Comments(0)


<< フェルメール全絵画作品集「Ve...      菅井汲の挿絵「October:... >>