ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 10日

キース・ヘリングのポスター「Lesen. Der spass im kopf」(1988)

a0155815_17592971.jpg

キース・へリング(Keith Haring, 1958-1990)はAIDSと診断された1988年以降、それまで以上に子供を対象にした社会貢献活動に力を注ぐと共に、新たにAIDS撲滅活動にも積極的に関わっていくこととなるのだが、今回取り上げるポスターは、そんなヘリングが1988年に、ドイツはノルトライン=ヴェストファーレン州のバート・ホンネフ(Bad Honnef)の市立図書館のためにデザインしたポスターである。子供の頭の中に、読書から得られる楽しみである、ありとあらゆる事象が視覚化されており、このポスターは、ヘリングが同年、フォックス・チャンネル5(Fox Channel 5)とニューヨーク公共図書館協会が広告主となって行なわれた、子供たちに読書を勧める教養運動"Fill Your Head with Fun! Start Reading!"のためにデザインした広報ポスター(註1)からイメージ部分を転用して作られている。どちらのポスターにも、子供たちに読書の楽しみを伝える標語がヘリングのレタリングで綴られているが、バート・ホンネフの市立図書館の方には、ドイツ語による標語「Lesen. Der spass im kopf(Reading. The fun in the head.)」が添えられている。このポスターにはもうひとつ別のヴァージョン(註2)のものが存在しているが、そちらはヘリングのオリジナル・ポスターといった性格のものらしく、英語の標語「Fill Your Head with Fun! Start Reading!」のみ記されている。

バート・ホンネフの市立図書館の依頼で作られたポスターは、他の2点と比べると、色数も少なく、随分素っ気無いように思えるのだが、このポスターを扱っているドイツ人業者の案内によれば、図書館向けの100枚とヘリングの手持ち用100枚の計200枚しか作られておらず、もしそうであれば、間違いなくコレクターズ・アイテムになる筈である。それにしても、ここ最近のヘリングのポスター価格の高騰は、明らかに異常(!?)としか思えない。その最大の要因は、本作品の供給が減ったことにあると思われるが、それとは別に、今回のポスターのように、ヘリング自身がレタリングを施したポスターは、それはそれでひとつの表現手段として成立しているとの認識が浸透し評価を押し上げているのかもしれない。それにヘリングと時代を共有した者が感じる同時代性へのある種のノスタルジーが加わり、ポスターぐらいなどと呑気に構えてはいられない状態になってしまっているのだ。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Poster
●題名:Lesen. Der spass im kopf(Reading. The fun in the head.)
●サイズ:ca.540x440mm
●技法:Offset
●限定:100(+100 artist's proofs)
●発行:Stadtbücherei Bad Honnef
●制作年:1988
a0155815_17594693.jpg



註:

1.
a0155815_20441498.jpg
Poster for New York and New Jersey libraries - "Fill Your Head with Fun! Start Reading!",1988, 570x344mm. Offset lithograph

2.
a0155815_20443334.jpg
Another version of the poster "Fill Your Head With Fun! Start Reading!", 1989, 570x344mm. Offet lithograph
[PR]

by galleria-iska | 2016-05-10 18:39 | キース・へリング関係 | Comments(0)


<< 清宮質文の蔵書票「Ex-Lib...      アンブロワーズ・ヴォラールの出... >>