ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 30日

勝原伸也のポスター「Sinya Katsuhara」(1995)

a0155815_1934518.jpg
浮世絵版画師の勝原伸也(Sinya Katsuhara,1951-2015)大兄が鬼籍に入られて早一年になる。明日7月31日は一周忌であるが、墓参りは叶いそうもないので、大兄を偲んで、いただいたポスターを取り上げたい。このポスターは、大兄の父親の郷里である広島県三原市で1995年に開催された浮世絵版画展の告知用ポスターで、1987年に復刻した江戸時代末期の浮世絵師、一勇斎 國芳(歌川 国芳)(Ichiyûsai Kuniyoshi, 1797-1861)の大判三枚続き(triptych)の作品『讃岐院眷属をして為朝をすくふ図(Tametomo Rescued by Tengu sent by Sanuki-in)』(1851~52年頃)(註1)左図の部分が使われている。この絵は、国芳の作品の中でも、一、二を争う有名な絵で、三枚に連なる大きな鰐鮫の金属的な質感を持った渦巻状の鱗を彫るのに苦労し、彫りだけで五ヶ月近くもかかったと語っている。とは言え、勝原は他の作品にも見られるのだが、単に精巧な復刻を目指していたわけではなく、オリジナルでは濃く摺られている烏天狗の刷りを薄い墨で摺るという独自の解釈を加えている。
a0155815_21175186.jpg
       オリジナル                                 復刻

●作家:Sinya Katsuhara(1951-2015)
●種類:Poster
●サイズ:725x514mm
●技法:Offset
●発行:Mihara City & Mihara City Board of Education
●制作年:1995
a0155815_1941570.jpg
a0155815_194292.jpg
1987年復刻の一勇斎国芳『讃岐院眷属をして為朝をすくふ図』(木版師 勝原伸也の世界より)

註:
1.曲亭馬琴の『椿説弓張月』中の場面で、嵐に襲われ難破した源為朝父子を讃岐院(崇徳上皇)の眷属である鰐鮫と烏天狗が救う。

参考文献:
ばれんの会編 『木版師 勝原伸也の世界(Shinya Katsuhara, The Ukiyo-e Craftman)』平凡社、1993年
[PR]

by galleria-iska | 2016-07-30 19:01 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< キース・ヘリングのステッカー「...      ミロのトートバッグ「Fonda... >>