ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 24日

アンリ・マチスの挿絵本「Apollinaire」(1952)

a0155815_20455298.jpg

20世紀が生んだ巨匠のひとりアンリ・マチス(Henri Matisse, 1869-1954)のタブローはあまり好きにはなれないが、その単純化された描線から生み出されるデッサンは、ハンス。ベルメールの極度に神経質な線とは異なり、血の通った肉体の温もりさえ感じさせる実在感があって好きである。それとは別に、晩年に始めた「ジャズ(Jazz)」のような切り絵も、フォービスム時代に培った色彩感覚がより純化された姿として見ることができるかもしれないし、パリのエコール・ド・ボザールにも学んだ、ハードエッジと呼ばれる現代美術の作家エルズワース・ケリー(Ellsworth Kelly、1923-2015)の作品における色彩感覚や花弁や葉を描いたドローイングには明らかにマチスの影響が見て取れるし、グラフックデザインにも多大な影響を与えるほど、マチスのデザイナーとしての質の高さを感じさせる。マチスとイタリア出身のポーランドの詩人、小説家で美術批評も行なったギョーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire, 1880-1918)との友情関係のひとつ証として制作されたのがこの挿絵本「Apollinaire」であり、共通の友人で、マチスとは1898年に、当時パリのエコール・デ・ボザールの教授であったギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau, 1826-1898)のアトリエで出会い友人となった文筆家、ジャーナリスト、新聞の漫画や諷刺画作家でもあったアンドレ・ルヴェール(André Rouveyre, 1879-1962)がテキストを執筆している。マチスは様々な表情を見せるアポリネールの6点の肖像画と愛らしい1点の巻末のカット(cul-de-lampe)をリトグラフで制作している。口絵はどう見てもマチスのアクアチントにしか見えないのだが、実際はマチスのアクアチントによる原画を基にしたリトグラフで、笑顔を見せるアポリネール、マチス、ルヴェール三人の肖像画となっている。本の装丁もマチスが手掛けており、カバーは、クレヨンによる表題と花びらの輪郭を描いたデッサンに黄色の紙を切り抜いて貼ったもの、フォルダーは、表は青い下地に白い紙を切り抜いて《Apollinaire》の文字とマチスの頭文字《HM》を貼り付けており、裏側は逆に白地に青色を紙を切り抜いた植物文様を貼り付けている。これらはともに当時パリのムルロー工房を率いていたフェルナン・ムルローによって実現されたとある。マチスはまた章初めの装飾頭文字(lettrine)も三点デザインしており、それらはリノカットで制作されている。
a0155815_17571260.jpg


●作家:Henri Mattise(1869-1954)
●種類:Illustrated Book
●題名:Apollinaire
●著者:André Rouveyre
●サイズ:327x255mm(Folder:332x259mm)
●限定:350(30 copies signed by the artists:1~30+300:31~330+XX:I~XX)
●紙質:Vélin d'Arches
●発行:Raisons d’Être, Paris
●印刷:Text and initial letters: Coulouma, S.A., Paris. Lithographs, Cover and Folder: Mourlot Frères, Paris
●制作年:1952
●目録番号:D.31(Catalogue raisonné des livres illustrés par Matisse établi par Duthuit No.31)

a0155815_20493325.jpg

a0155815_20243118.jpg

a0155815_20332214.jpg

a0155815_20251159.jpg
a0155815_20254946.jpg

a0155815_20263733.jpg
a0155815_20264751.jpg

a0155815_2026838.jpg
a0155815_20262262.jpg


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年2月21日追記:

マチスが制作した口絵については、挿絵本に付けられた内容証明に従い、多くの古書店は口絵を含め8点のリトグラフとしているのだが、1988年に刊行されたクロード・デュチュイ(Claude Duthuit)著の「アンリ・マチス挿画本カタログ・レゾネ(Henri Matisse : Catalogue raisonné des ouvrages illustrés)」 には口絵はアクアチントと表記されており、それに沿うように、ニューヨーク近代美術館や他の公立美術館の所蔵品データもアクアチントとなっている。また、この挿絵本を競売に掛けたオークション会社のクリスティーズの競売カタログにもアクアチントとあることから、はたして本当にアクアチントで制作したものをリトグラフに置き換えたのであろうか。疑問が湧いてくる。

口絵の制作にあたり、マチスはアクアチントやリトグラフで習作を何点も制作しており、マチスの三人の友情に対する強い想いが感じられる。それらの習作はクロード・デュチュイらによって編纂されたマチスの版画作品のレゾネ「Henri Matisse. Catalogue raisonné de l'œuvre gravé, 2 vols」 (1983)に収録されている。
[PR]

by galleria-iska | 2016-09-24 22:00 | その他 | Comments(0)


<< A.R.ペンクのポスター「Jo...      リチャード・エステスのポスター... >>