ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 10日

ニキ・ド・サンファルの出版案内「Californian Diary」(1995)

a0155815_19185798.jpg

1994年、健康にためにカルフォルニア州サンディエゴのラホヤ(La Jolla)に移住、2002年にその地で亡くなったフランスの画家、彫刻家、映像作家のニキ・ド・サンファル(Niki de Saint Phalle, 1930-2002)は、1994年から1995年にかけて、そこでの最初の年の制作や生活を、絵日記のように描き記した「Californian Diary」という8点組のシルクスクリーンによる版画集を制作している。版画集は、1995年9月13日から10月31日かけてスイス ベルンのコーンフェルト画廊(Galerie Kornfeld und Cie, Bern)で行なわれたニキの個展「Niki de Saint Phalle: Skulpturen, Gouachen, Serigraphie」に合わせて出版され、価格は12000スイス・フランであった。今回取り上げるのは、その出版案内である。版画ではイメージと日記とが渾然一体となっているため、なかなか読み取れないのだが、出版案内では版画から日記部分を抜き出して記載しているため、内容が理解できるだけでなく、この案内自体が挿絵本にも似たな表情を見せている。表紙もニキのオリジナル・デザインであろうか。コーンフェルト画廊はまた、2001年9月28日から12月21日にかけて行われたニキの最晩年の個展のひとつ「Niki de Saint Phalle: Skulpturen Objekte Lithographien Serigraphien」に際して、1997年から2000までに制作されたリトグラフによる版画作品9点を収録したカタログ『Niki de Saint Phalle: Neue Grafik der Jahre 1997 Bis 2000』を同じフォーマットで作っているが、そのカタログと個展の招待状が手に入ったので、近いうちに取り上げたい。

ニキとカルフォルニアとの繋がりは1960年代に遡り、後に夫となるスイス人の彫刻家ジャン・ティンゲリー(Jean Tinguely, 1925-1991)とともに訪れたのが切っ掛けとなったようである。1962年、ニキはサンセット・ブールバード(Sunset Boulevard) とマリブの風光明媚な丘で巨大な「射撃絵画(Tir Tableaus )」を制作しており、1983年にはカルフォルニア大学、サン・ディエゴ校(San Diego’s UC campus)に、すぐに学生たちのお気に入りとなった巨大彫刻「Sun God(太陽神)」を設置している。

●作家:Niki de Saint Phalle(1930-2002)
●種類:Leaflet
●サイズ:276x195mm
●技法:Offset
●発行:Galerie Kornfeld und Cie., Bern
●印刷:Stämpfli+Cie AG, Bern
●制作年:1995
a0155815_1913986.jpg
                                                タイトルページ
a0155815_19145211.jpg
                                                第1図
a0155815_191578.jpg
           第2図                                   第3図
a0155815_19152682.jpg
          第4図                                   第5図
a0155815_19154738.jpg
          第6図                                   第7図
a0155815_1916538.jpg
          第8図                                   ポートフォリオ(帙)
a0155815_20445930.jpg
             第4図とそのテキスト
[PR]

by galleria-iska | 2016-10-10 21:00 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)


<< マリオ・メルツのポスター「Ku...      A.R.ペンクのポスター「Jo... >>