ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 12日

マリオ・メルツのポスター「Kunsthaus Zürich」(1985)

a0155815_2001077.jpg

イタリアのアルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)を代表する作家のひとり、マリオ・メルツ(Mario Merz, 1925-2003)の作品を始めて見たのは、イギリスのロンドンにあるアートセンターICA(The Institute of Contemporary Arts)を参考にしたのだろうか、1986年に私の出生地である名古屋市北区の繊維工場跡に設立されたICA.Nagoyaでの個展であった。1988年頃のことだったと思う。ガラスと金属を組み合わせて作ったイグルーと呼ばれるエスキモーの半円球の氷の家をもとにした作品などであったが、ガラスの鋭角的な形状が生理的に受け付けない体質のようで、息苦しくなってしまい、早々に退散したのを覚えている。このポスターはそれより三年前の、1985年の4月3日から5月27日にかけて、スイス最大の都市チューリッヒにあるチューリッヒ美術館(Kunsthaus Zürich, Zürich)で行なわれたメルツの個展に際し、メルツ自身がデザインを行なったオリジナル・ポスターである。半円球をしたイグルーを三つ重ねたような図形は、直接的な関連性はないが、エッシャーが1945年に制作した木版画「三つの球体I」想起させる。スイスの美術館が出すポスターはサイズの大きなものが多く、このポスターも縦が一メートルを優に超すサイズで、写真撮影が非常に厄介なのだが、評価の方は今ひとつ(?)、といったところ。

●作家:Mario Merz(1925-2003)
●種類:Poster
●サイズ:1280x906mm
●技法:Offset+Silkscreen
●発行:Kunsthaus Zürich, Zürich
●制作年:1985
a0155815_20353973.jpg
メルツはポスターの原画を筆とエアーブラシを使って即興的に描いており、画面上部には作家名《Mario Merz》が入れられている。
a0155815_20362434.jpg
画面下部には展覧会会場《Kunsthaus Zürich》 が記されているのが、なんとか読み取れる。
[PR]

by galleria-iska | 2016-10-12 20:45 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< マルクス・レーツのポスター「D...      ニキ・ド・サンファルの出版案内... >>